アンチ人間再来週からがんばる日記はじめるピョン

アンチ人間(お笑い芸人)の妄言にあふれた日記+レビューです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

原宿駅前11日、B1-2感想(ちゃま風船)

11日。B1-2。真後ろにあめまるさん。もうジェニファールックはもらえないだろう。ブレさんとガトゥさんがC1連番していた。
大川さんまず指さし。
久々のランウェイ最前だから、ちゃまTシャツを着たり脱いだりプレイで、男の悲哀を演出する。モニターから見ているパーティーズのみんな、これが大人だ!

IMG_1428.jpg


ちゃまルックはいっぱいっす。Tシャツ発売日の次の日にC1-1でちゃまTシャツ着て大事故したのも今や良い思い出。あのバカプレイが今になって、ちゃまに伝わった気がする。俺はちゃまが好きだ、好きなんだ。
中野さんはるる石井ママ美雪莉々果佐伯ルック。

風船タイム。ちゃまの風船は基本的にB1-1固定に近い状況で、B1-2でもらえるのか不安を抱いていたところ……。
B1-2のところにちゃまが止まって私にそっと風船を手渡してくれたのです。
IMG_1435.jpg

「ちゃまありがとー!」と風船を頭上にかかげて勝ち名乗り。そして号泣。あめまるさんに「よかったな、今日で他界できるな」といじられる。12月中に他界できるわ。ちゃまから風船をもらえた人生ならそれでいい。
当然にちゃまTシャツを着ていたからともいえるのだが、まさかその後山本七聖ちゃんがじゃんけんで私を指名してくるとは思ってもいなかった。
いなかったどころか、じゃんけん相手を探す七聖に対して特にアピールはしなかったのに、突然指名されたから、ジャンケンは最初あいこで勝ってしまって指差しは負けるという、一応最悪なシナリオを辿ってしまってあめまるさんに怒られた。

原宿乙女はやっぱり愛里だなー。ルックくれた。

エースはまりんが一番ルックくれたかも。染野さんにちゃま推しとしてもっとかまって欲しい未来。Aの曲中だとひなたルックがほとんどないけど、まりんちゃん染野さんに助けられている。まあ、ここにきて、私が生きる道はふわふわなんだろうなーと思うようになってきました。

レインボートークは横田美雪ちゃん。ソロで踊っていた。ふわふわ新メンバーだとやはり莉々果ちゃんが華があって、ラーメントーク今のところ外していないからすごい。

Canstopで安定のあんり指差し。

そして最後。意外とえんどう豆さんが0ズレでルック多め。愛里は特別な反応。そしてちゃま。ちゃまーーー!

捌ける時にちゃまに「風船ありがとう!」と言ったら、あの目が潰れた感じの笑顔で「(うんうん)」って反応してくれて、俺は一生こういうことを、JS6に高まりながらヲタ寿命を継ぎ足して生きていくんだ。でも俺は悪く無い、ちゃまが悪い。
ちゃま可愛い(薄くなった頭を抱えながら)
スポンサーサイト
  1. 2015/12/18(金) 15:06:13|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

https://www.youtube.com/embed/iPTdd6GkniQ?start=795

http://youtu.be/yLKodipWqVA?t=1m59s

http://youtu.be/DQx0UQ0Eabk?t=32s
  1. 2015/03/03(火) 20:11:41|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0







AKB48新曲
  1. 2013/03/27(水) 13:40:14|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

秋吉ちゃんレポ

HKT48研究生秋吉優花×4
HKT48研究生岡本尚子×1

単純問題として現状のこの二人の位置は、48グループの中では下位も下位であろう。
知らない人がほとんどで、私も2013年の1月になってきちんと把握したようなものなのだから。
10年に1度の逸材田島芽瑠、フレッシュビッチにして顔胸太ももの走攻守揃ったアイドル狂戦士朝長美桜。
HKT研究生はこの二人があまりにも強すぎる。
故に劇場に隙が生まれた。
二人が出演しない研究生公演に週6で出続ける少女、もとい小学生少女秋吉優花ちゃん。
週6というが休みだった月曜はあるあるYYに出ていたから、さらに握手会もあったりと、ここ2週間近くは実質無休で活動していた秋吉優花ちゃん。
妹の中の妹、メンバーからの寵愛のされ方と客席のアイドル慣れしていない人でもほのぼのにやにやしてしまうMCが売りの小学生秋吉優花ちゃんは当然に私の心のお兄ちゃん魂に鉄が切断できるレベルの高温バーナーですぐに着火し、みかんだー乳歯だーぶらんこだーそんなMCにただひたすらhshsしていたのでございます。
1月中に秋吉ちゃんを見た回数は7回。2013年にも2回見ているからトータル9回。
失礼ながら、現在のAKB劇場ではまともにいけば1年近くかかってしまう回数を短期集中で叩きこみ、短期ゆえに余計な情報も入ってこないので、完全なる天使の秋吉優花を脳内につくり上げることに成功した。
あとはそれを実証によって確認するだけ。

幕張メッセ秋吉レーン。
受付を済ませて自分の番まで約3人。
場内にはAKBの曲が流れてはいるが、周りにはHKT2期生と見たこともない名も顔も知らないヲタたち。
孤独のグルメならぬ、孤独の握手。
赤提灯をくぐるかのごとく、「お、いい幼女だなー」と一人HKTに通いつめた私の真価があと3人で判明する。
ただの遊び。それも、おそらくこの世に幾多ある遊びのなかでも最も程度が低いであろう少女を使った遊び、握手会。だが、だからこそ、だからこその、ほんとのほんとに、真剣で、マジにならなきゃならない瞬間だった。
目を閉じればまぶたに映るおっかさんならぬビッチアイドルたち。
ピュアがいいとだだをこね続けた結果が「大森玲子」「加護亜依」「小野恵令奈」という、三球三振どころかその三球目に空振りした勢いで脱臼してしまいあげくバットが客席に飛んでいき野球少年の頭骨を叩き割ってしまったくらいの「後味まで最悪系アイドル」を推してしまったわけだ。
そしてその病はなかなかに、なかなかなかなかなかに治らない。谷口愛理を推す寸前だったことでも十全すぎる最悪の事実だろう。
自虐にするのは簡単だがこれでは私も私の魂も浮かばれない。
一度でいいから、一度でいいから本物の「ピュア」を推さなければ。幼ければいいわけではない、でも幼いほうが安全だ。

秋吉優花ちゃんまで残り2人。
ブースの中には秋吉優花が確実にいる、しかも私服でいる。
何度劇場で見ようともそこには制服やTシャツ姿の君しかいない。しかし今日は私服だ。
それはもちろん事務所からお金をもらって買った、ちょっとおめかし、ちょっと背伸びをした私服なのであろう。
でも、そのちょっと背伸びがどの程度の背伸びなのか?
それだけが不安だった。
かわいいは正義だが過度の背伸びは悪だ!
そして過度のロリも悪だ!
大人っぽい衣装も苦手だが着ぐるみ系も苦手なんだよ。秋吉ちゃんならどんなものだって似合うに決まっているし、ピカチュウだろうがマイメロだろうがその辺の適当なきぐるみでもメガンとかわいいのは自明の理だがそれでは私の中のお兄ちゃんはおこプンしてしまうのです。どっちの頭脳が幼児なのかはさておき、とにもかくにも一か八かの大ギャンブルまであとひとりの段階まで進む。
隣のブースの伊藤来笑ちゃんが笑顔で手を振ってくれた。私の顔を覚えている可能性は0ではないだろうが、しかし、ただ小学生に並んでいるヲタに対していくら暇とはいえ手をふってくれる姿は応援してくれているという錯覚を私に与えた。ありがとう、らいらちゃん。キラキラネームだけどありがとう。
係員に握手券を渡し前の男の会話が終わるまで待つ私。
その間不必要に中を覗くことはできない。
入った瞬間僅かに目を閉じて、そして開けた瞬間の秋吉ちゃんがどんな格好なのか?
公演で見ていたあのピュアなMCや言動はすべて本物のピュアだったのかどうか?
係員の「どうぞ」の掛け声で一歩だけ歩を進め、目を閉じようとした瞬間だった。

秋吉優花ちゃんを見ないようにしながら下を向いて目を閉じようとしたおれの視界の端に入ってきた物体は・・・。

みかんだった。それも7こ。

「(やったーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!)」
「(ピュアだーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!)」

みかん大好き秋吉優花ちゃんはなんと握手会ブースにみかんを持ち込んでいたのだ。
それも1つではない、7つも。
理由は、理由は、理由はなんと
「お腹が空いたら食べようと思って」

「ピュアだーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー」


過呼吸で瀕死の前田敦子がフライングゲットが始まると笑顔で気丈にセンターの前田敦子になるあのシーン。神々しい後光すら出ていたかもしれないあのシーン、それは否定しないが、2013年、まあ公開は来年になるのか?2014年に公開されるドキュメンタリーオブAKB48で一番の感動するシーンは、握手会の机にみかんを置いている秋吉優花だ!

(2014ドキュメンタリーオブAKB48)
カメラは握手会場ケータリングの固定カメラ。
握手会会場裏で合コンの話ばかりのメンバーを画面中央に捉えている。合コンに限らず、鍵閉め狙いや認知厨の悪口も飛び交っている。
そんなAKBメンバーが中央に映っている構図の端っこのほうに両手いっぱいにみかんを抱えている少女がいる。
誰も知らないと言っても過言ではない、みかんを抱えたHKT2期生。
誰なんだ?君は?
いったいどこに向かうのだ、そもそもケータリングにない「みかん」をなぜHKT2期生は大量に持っているのか?
まるで「よいしょ、よいしょ」「うんしょ、うんしょ」とアテレコしたくなるような、みかん7つほどでも重そうに運ぶその少女。
握手会で「今日も来てくれてありがとう」と言いながら合コンのセッティング話をしているメンバーが今のAKB48、国民的アイドルの選抜であるが、その選抜とは比べ物にならないほどの知名度の支店の研究生。AKBINGOのドッキリでもわかるように、支店の研究生など存在すらしない、透明人間以下。そんなHKT2期生の少女がみかんを持って歩いて行き、画面の端っこから端っこへとフェードアウトする。
なおも、合コン話しの尽きぬAKBメンバー。
そこにカットインで明日花キララがバナナを握っているAVの表紙が差し込まれる。
映画を見ているヲタは混乱する。
俺達は、俺達が好きなのはAKB48だ。テレビや舞台で歌い踊り、握手会では僕のことを覚えていてくれている。そんなAKB48が好きなんだ。・・・ん?あの子は本当に僕のことを覚えていてくれているのか?いやそもそも、あの子は本当に歌っているのか?そもそも・・・。そもそも・・・。
そんな映画館の青年淑女男子女子が混乱を生じるなか・・・。
ハンドカメラがそっと、その名も無きHKT2期生の後を追うと、なんと握手会のブースにそのみかんを置いたではないか。
握手が始まるとニコニコした顔でこう言うのだ。
「お腹が空いたら食べようと思って」

(1億2000万人感動)


私は今、涙を流しながらドキュメンタリーオブAKBを見終わった、脳内で。

松井玲奈があげたメロンパン同盟の画像を貴殿らは見たか?
あの、実に醜くメロンパンが好きだといえば人気がでると勘違いした愚かな、あえて、批判を覚悟で、というか、この俺様があえて批判するのかという上から目線も含めて、あのひどいビジネスメロンパンどもの枕営業臭たるや・・・。
机の上でみかんがあった瞬間に、私はすでに大勝利を確信した。
それは、AKBには知名度だったりセクシーだったり釣りだったりと幾つものジャンルで握手を評価することができるが、「ピュア」というジャンルにおいて、この日No.1だったのは、机の上にみかんをおいた時点で秋吉優花ちゃんだったのである。

ニコニコの顔で私に手を差し出す秋吉優花ちゃん。
その天使の笑顔と天使の声と天使の佇まい。
・・・かわいい。ただただかわいい。劇場で見てもかわいいのだが、私服でみかんをお供に見てもかわいいという。

この日をもって、似品の風物詩は鏡餅にみかんではなくて秋吉優花ちゃんにみかんという組み合わせになりました。

そして、私は1000円分の権利を行使するべく、握手したのです。
「いつも公演見ていてファンになりました。秋吉ちゃんのこと大好きです」
さて。
このクソ凡が発したクソ発言になんと答えたか・・・。

「はい、知ってますー。いつもマイク持って見ていてくれていますもんね」

「あ!バレてたー?ごめんねーいっつもマイク持って見ていて。秋吉ちゃんが可愛くて本当に楽しくて・・・」

と話しながら、内心のもう一人の私は、二日酔いの後の朝一番の尿のごとく、滝のような涙を流しながら狂喜しておりました。

認知されていた。
2013年1月通いまくって、秋吉ちゃんに認知されていた。
あのみかん天使に、カスクソゲロゴミ人間の私が認知されていた。

「(やったーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー)」

いまのAKB劇場では1000000%不可能な劇場先行による認知。
もちろん福岡の現地の子なら、なにをそんなもんと一笑に付すでしょうが、だがしかし、そこに秋吉ちゃんがいて、みかんを置いた机越しに、私のことを、お世辞ではなくて、特徴込みで、認知を伝えてくれる。

でもそれに対して私は、ただ単に一言でしか評することができなかった。
すなわち。
かわいい!

秋吉優花ちゃんはかわいい。
そしてそれは、ピュアな可愛さだ。
それ以外の魅力はない。

だから言える。

48最強のピュアは秋吉優花ちゃんだ。

秋吉優花ちゃん。
乳歯いっぱいのみかん大好き少女。

そんな少女と私の握手レポを以下に記そう。

ア「あ、どうもー」
秋「あ、こんにちはー」
ア「はじめましてー」
秋「あ、はじめましてー」
ア「僕あの、福岡によく行っていて、秋吉ちゃんのこと大好きでー」
秋「あ!マイク持ってますよね?」
ア「え!?ばれてましたか?」
秋「はいー」
ア「かわいいですよねー」
秋「あーあーありがとうございますー」
ア「応援してます!」

2回目
ア「こんにちはー」
秋「あー、あ!」
ア「僕あのーアイドルが大好きなんですけど、今一番好きなのが秋吉ちゃんなんです」
秋「あー、ありがとうございます」
ア「特に、ヤフードームの会いたかったの全力な感じがすごい良かったんです」
秋「ありがとー、うれしいです」

3回目
秋「あ!こんにちはー」
ア「何回もすいません。僕あの、アンチッチって名前なんです」
秋「はい!」
ア「今度お手紙書かせてもらうのでもし覚えてもらえればー」
秋「はい、大丈夫です。ありがとうございます!」
ア「PARTY公演で一番好きな曲ってなに?」
秋「えっと、PARTYが、PARTY始まるよが好きです」

4回目
ア「最後でございます」
秋「え!?ほんとですか?寂しいです」
ア「今まで東京に来たことありますか?」
秋「ないんです。今日が初めてなんです!」
ア「えー。本当に?ごめんね、こんな変な奴とか来たりとか、空気も悪いし。東京ごめんね」
秋「いえ、楽しかったです」
ア「明日も頑張ってねー」
秋「はい」
ア「そのみかんって食べるの?」
秋「はいーーーーー」


以上。
さて。
可愛かった以外の感想がないレポですねーハハ。

まあなんと言われてもいいですけど

「マイク持ってますよね?」
「寂しいです」

この2言だけで5億円の価値があるので一生この貯金で生きていきます!

うーんなぜ私もこの会話レポですむことを何千字も書いたのか?


「その女、ピュアにつき」

その一言が脳裏に浮かんだからです。

大森玲子、加護亜依・・・その他いろいろ。
僕が好きになったビッチたち、そう、フィーチャービッチたち。
推してきた、未来も知らず、見た目だけでピュアを決めて推してきた。
無駄じゃなかった。
幾多のアイドルを推してきた、ビッチとも知らずぬ。
だがしかし。

握手ゾーンにみかんを持ち込む子は5兆%でピュアだ!!!!

テーマ:AKB48(秋葉原48) - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2013/02/15(金) 03:33:15|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

AKB新曲








  1. 2012/08/25(土) 13:56:13|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

AKB新曲





本日からよやくうけつけ
  1. 2012/06/29(金) 11:19:39|
  2. 日記
  3. | トラックバック:5
  4. | コメント:0







  1. 2012/04/22(日) 01:30:02|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0





握手券つき
  1. 2012/04/06(金) 15:00:56|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

5月に指原莉乃のソロシングル!








指原ちゃんのソロシングル!
  1. 2012/02/23(木) 19:07:52|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

AKB新曲予約開始




  1. 2011/12/12(月) 14:51:06|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。