アンチ人間再来週からがんばる日記はじめるピョン

アンチ人間(お笑い芸人)の妄言にあふれた日記+レビューです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

高田彩奈についての考察。そしてあやっぺへのDHC、AKB部門第一位

叶姉「まあ。ここが名古屋ですの?美香さん」
叶妹「そのようですね。お姉さま」

叶姉「ずいぶんと遠いところにあるのね」
叶妹「まあしかたありませんわ。鈍行で来たのですもの」

叶姉「青春18切符ですもの。しかたないでしょ、美香さん!」
叶妹「そうでしたね。早朝出発したのにもうこんな時間…」

叶姉「美香さん、何をもたもたしているのです?遅れてしまいますわよ」
叶妹「お姉様。そんなに慌てないでください。急がなくてもはとバスには間に合いましたね」

叶姉「やっぱり観光ははとバスにかぎりますわね」
叶妹「お姉さま、添乗員さんがマイクをお持ちになりましてよ」

添乗員「こちら右手に見えますのは、名古屋名物金のシャチホコ。」

叶姉「あらまあ」
叶妹「あれがかの有名な鯱ですわ。お姉様」

添乗員「そしてこちらに見えますのは、名古屋名物、大食いなんちゃってセレブ、高田彩奈です♥」

叶姉「あらまあ」
叶妹「セレブですって、お姉さま」
叶姉「・・・」
叶妹「・・・」
叶姉「聞いたこともないわ、高田彩奈なんて」
叶妹「そうですわね、お姉さま。なんちゃってセレブと言ってますけど」
叶姉「どこらへんがセレブなのかしら?名古屋でセレブといったら‘‘歩く100億円‘‘の吉川幸枝社長なんじゃないの、美香さん?」
叶妹「まあ、なんちゃってだからいいんじゃないですかお姉さま」
叶姉「私たちゴージャス姉妹を前にしてセレブなんて言わないでほしいわね」
叶妹「まったくですね、お姉さま」
叶姉「気分が悪くなりましたわ。もうここで降ろしてもらいましょう」
叶妹「そうですね。ちょっと、そこのなんちゃってセレブさん。バスを止めてくださらない?」
(プシュー)
・・・

叶姉「ただで名古屋城に来れましたね」
叶妹「そうですわね。お姉さま、この後は味噌カツの味噌だけコースを食べにいきませんか?」
                                    続く…




高田彩奈(あやっぺ、あやにゃ)(旧プロフィール画像はこちら

AKB48,Kチーム所属。1988年7月21日生まれの17歳。身長162cm、上から74/55/79。愛知県出身。血液型はB型。趣味は食べ歩きと歌となっている。AKBTシャツは桃色。

先日、劇場でよく会う知人からこう言われた。
「お前と高田彩奈には共通点があるじゃないか」
「え?(ドキ)そうなの?なになに?」
「どっちもくせ毛だ」
「(ズコー)」

とまあそんなことはさておき、どんな些細なことでも共通点というものがあると親近感沸いてきてしまうのも事実。
わたくしアンチ人間と高田彩奈さんはプロフィールに『くせ毛』を持っているもの同士です!
などと公言したところで。特に意味はない…。
高田彩奈さんといえばくせ毛よりもなんといっても大食いキャラでしょう。
くせ毛ネタは過去に2回くらいしか話していないと思いますが(雨の日の彩奈の髪型はすごかった、と卒業文集に書かれてからストレートパーマをあてるようになった。というものと雨の日のすごし方について、雨の日はクセ毛がひどいです、過ごし方はサウナに行きます。というもの)、大食いネタ、食べ物ネタに関しては常にKチームの先頭を走ってきました。
曰く「リカちゃん人形のような小さい人形になりたい。理由は小さいとたくさん食べれるからです」
曰く「朝は必ず食パンを食べるのですが、焦げた味が好きなので、ジャムやバターをつけないで焦げミャーを楽しんでいます」
曰く「男の人に生まれ変わったら堂々と牛丼大盛りつゆダクを頼んでみたいです」
曰く「朝から牛丼を食べて、首まできついです」
曰く「楽屋にお菓子があれば黙々と食べています」
曰く「ファミレスでケーキを注文して、まだ店員がいるのに『デラちっちゃい』と言ってしまいました」
曰く「食べ過ぎでスカートきついです」
そして曰く「大食いなんちゃってセレブ」・・・
そう。
それが高田彩奈さんなのです。

検索ワード『AKB48 大食い』『Kチーム 大食い』
これらで検索にかかってくるものの多くは高田彩奈さんに関するもの。
Kチーム発足からわずかな期間でここまで明確にキャラのついた人は高田彩奈さん以外いないだろう。
しかも大食いキャラを押してくるアイドルはあまりいない。というよりそんなアイドルを私は知らない(元モーニング娘の辻希美、紺野あさ美の場合は食べるのが大好きキャラという部類だと思います)。
ある学校のある教室(K組)。扉を開けてこういえば目当ての娘が出てくるでしょう。
「このクラスに大食いの子はいるか?」

そんな大食いキャラを確立している高田彩奈さん。
幸いにしてアイドル界にはキャラが被る子はいないと思われます。
しかし、高田彩奈さんがこれから目指すのはメジャーの舞台。鬼共が巣食う芸能界。

大食いキャラの高田彩奈ちゃん。それじゃあまずカレーを飲んでもらいましょう。

そんな可能性もなきにしもあらずです。しかもそうなった場合、芸能界にいる諸先輩方(ウガンダ、松村、伊集院、ジャイアント白田)を超えることは…。
やはり大食いキャラだけでは何か心もとない。
どうすれば、どうすればいいのだろう…
「こちらに見えますのは、名古屋名物金のシャチホコ。そしてこちらに見えますのは大食いなんちゃってセレブ、高田彩奈です」
……
え?今なんと?
「大食いなんちゃってセレブ、高田彩奈です」
ん?大食いのあと、なんちゃってでクッションをおいといて、んでセレブ?
セレブ!celeb!セレブリティ!
そうです。セレブキャラの確立こそ高田彩奈さんが芸能界で成功する一つのキーになってくるのは間違いないでしょう。

思えば、いくらなんちゃってをつけているとはいえ高田彩奈さんはセレブですかね?まあその佇まいがセレブっぽいからなのかもしれませんが、少なくとも今までのMCの中でセレブらしさを感じさせることはほとんど皆無でした。
むしろ、お笑いキャラというか、積極的にボケて笑いをとりにきています。
好きなドラマは?というお題に対して、答えてちょうだいの再現ドラマと答えた高田彩奈さんからは神々しさすら感じました。正直パクリたいとも思いました。
高田彩奈さんは、Kチームメンバーの中で一番計算して笑いができる人です。
ボケる時はこちらの反応を予測してボケていますし、笑いがとれると確信している時以外はボケないようにしていると思われます。
実際そこで盛り上がるのは確かですし、面白いのですが。
だが同じKチームにすら、何を言っても盛り上げてしまう猛者がいる(特にあの娘とあの娘)。
芸能界で考えればもう右も左も面白い人ばかり。
大食いでおもしろい人。と言ったら私は高田彩奈さんよりも伊集院光氏をあげてしまうだろう。

だがどうだろう。
大食いでセレブな人。……。誰も頭に浮かんできません(私が無知ゆえでしょうが)。
ぜひとも高田彩奈さんにはセレブキャラの確立を目指してほしいと思う。
過去に一度、高田彩奈さんのMCでセレブのような発言があった。
「トイレに入ったら、出るときにはトイレットペーパーを必ず三角に折っています」
なかなかインパクトのある発言だと思います。私もこうしてその発言を覚えていたわけですし。
セレブキャラのアイドルというのは記憶に残りやすいと思います。
さらに大食いなら…


高田彩奈17歳。
セレブとは正式には、名士, 有名人の意である。
大食いなんちゃってセレブから‘‘なんちゃって‘‘がとれるころには、きっと芸能界で活躍している高田彩奈さんがいることでしょう。
060509_2028~0001.jpg

【“高田彩奈についての考察。そしてあやっぺへのDHC、AKB部門第一位”の続きを読む】
スポンサーサイト

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

  1. 2006/05/26(金) 06:49:30|
  2. チームKメンバー考察シリーズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今週の深夜の馬鹿力で伊集院さんが

私の尊敬する伊集院光さんが、最近私のはまっているAKB48を見に来た話しをしていました。

後ろのほうにいたそうなので、当日は気づきませんでした。

伊集院光さんの「若手芸人はAKB48を見習え!」には同感です。

私も公演を見終える度に満足感とともに、鬱々とした感覚が襲ってくるわけで…。
何をやっているんだ俺は…と己の矮小さに嫌気がさしてしまうわけで。
「おれの心は汚いなー」と実感してしまいます。

あと、あの内容で1000円というのもお笑いにとっては脅威ですね。
メジャーの吉本等有力事務所は大丈夫でしょうが、インディーズのようなお笑いライブだと、AKB48と比べて同じ1000円の内容かというと、私は疑問を禁じえない。
ま、実際はただで配られていることが多いようですけど。


あくまで私個人の意見としては、私は1000円払って私の出るライブには死んでも行きません。
私のはエンターテイメントではなく、戯言なので。 【“今週の深夜の馬鹿力で伊集院さんが”の続きを読む】

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

  1. 2006/05/25(木) 03:35:51|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

社会派日記:過剰パンチラの現状…

日テレの炭谷アナの盗撮事件が波紋を呼んでいる中、今この時期にこの記事を書くことは非常に勇気のいることであった。

しかし。私は芸人である前にジャーナリストだ。

批判を恐れて、凶弾を恐れて筆を置くようなマネはできない。
私は、私の言論によってできることをただやるだけである…。



人間は人間である前に哺乳類である。
哺乳類であり、生物だ。

地上に生きるものすべてに必要なものといえば、


空気
パンチラ

この3つであることは、小学校低学年で習うことなので周知の事実であろう。
常識とはまさにこのことだ。

しかし水、空気はなくなったらすぐに生命維持に支障をきたしてしまうものであるが、パンチラ、に関してはすぐに死ぬわけでもなく、その存在が軽視されてきたことは否めない。

それがここにきて炭谷アナウンサー盗撮事件の発覚によって表面化された。
どんなに女子高生のスカートが短くなっても、どんなにギャルの流行がミニスカになっても、どんなにワカメちゃんが毎週頑張ってパンチラしてても、流行世の中にパンチラが不足していたのは揺るぎない事実であった(ワカメちゃんに関して、あれはパンモロだろ、という意見に関しては黙殺させてもらいます。ジャーナリストと自称しているのに黙殺します)。

この由々しき事態に国は何をやっているのだ?という指摘もあるでしょう。
いつも国は後手後手に回って、現実に迫っている問題を後回しにしている。
しかし、国も今回ばかりは看過できないと考えたようで比較的迅速に対策に乗り込みました。
それが秋葉原地区の再開発です。

電気の街として戦後親しまれてきた秋葉原もここ10年くらいで劇的な変化の過程を経た。
今や秋葉原は電気の街ではなく、アニメコンテンツ、漫画コンテンツ、ゲームコンテンツに端を発する、いわゆる『萌え』の街となった。
特に2005年放送のドラマ『電車男』のヒットによって、ヲタクの街として広く世間に認知されるようになった。

ここ10年だけを考えれば、秋葉原という地名はもっとも知名度が急成長した地名であろう。
そしてその秋葉原も駅前を中心に再開発が進んできました。
コンセプトは日本のIT発信都市。
秋葉原駅の前には秋葉原ダイビルと秋葉原UDXが未来都市を思わせる様相で立ち並んでいます。


そしてもう一つ、日本政府が実験段階で再開発を行ったプロジェクトがAKB48なのです。
コンセプト日本のパンチラの減少を止めること。
そしてパンチラ発信都市となること。

少子化問題と同等のパンチラ不足問題を国が見過ごすわけがなく、秋葉原の秋葉原ダイビル、秋葉原UDX、ヨドバシカメラに次ぐビッグビル、ドンキホーテ秋葉原店の8階にAKB48劇場を設営したのであった。


AKB48では『スカートひらり』という6月7日にシングルで発売される曲がある。
この曲の中で少女たちは、その身にまとったスカートを楽曲タイトルのごとくひらひらと、フワフワと靡かせて…。
パンチラをしているのです。
それは確かに見せパンではありますが、ブルマのような見せパンではありますが、まぎれもない正真正銘のパンチラなのです。

今やAKB48のおかげで我々は安全にパンチラを見ることができるようになったのです。
良い時代になったものです。

しかしこれに対しては反面デメリットもあるように思われます。
安全に見れるパンチラに、安易に見れるパンチラに、なんの価値があろう…。
お笑い男の星座からの孫引きになるが、漫画家の花くまゆうさく氏の言葉に「現在のプロレスが『誰でも安全に楽しめるテーマパーク』だとしたら、あの頃こそ『管理の杜撰なサファリ・パーク』だ」と昭和の新日を評した言葉があるが、これに近いものをAKB48に感じる人は、特に昔を知る人には多いのではないか?

だが。
そういった不満を感じた人にはとにかくAKB48に、テーマパークにいってもらうことを勧めるしかない。
なるほど。確かにそこはテーマパークだ。
お決まりのOPにお決まりのED。
そして『スカート、ひらり』でのお決まりのパンチラ。
しかしよく見てほしい。
紺のブルマ、いわゆる見せパンであるのはスカートひらりの時だけなのである…。
よく見てほしい。
舞台を良く見てほしい。
そしてそこに何が見えるのか確かめてほしい。
白い布が夜空を駆け巡る流れ星のごとく、瞬きながら輝いている様を確かめてほしい。

以上が私から言えることだ。
むしろ。
AKB48は過剰パンチラの状況にあるようにすら思える。
お約束のパンチラから不測のパンチラ、ファンの目を引こうと確信的におこるパンチラ…。
しかし、日本でパンチラを供給できる場所が秋葉原のAKB48にしかないのも事実である。
AKB48が、今、日本の中心になろうとしている時期なのかもしれない。

               ジャーナリスト:アンチ人間

スカート、ひらり スカート、ひらり
AKB48 (2006/06/07)
インディペンデントレーベル
この商品の詳細を見る
【“社会派日記:過剰パンチラの現状…”の続きを読む】

テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 2006/05/21(日) 04:41:21|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

東京ノイズの告知

AKB48に関するブログと化した私の日記だが(あるいは涼宮ハルヒ、メイド喫茶に関するブログ)、こうみえてもお笑い活動もしている。

なので小野恵令奈で検索して来た人もぜひこの告知を見てください。

私が告知する数少ないライブ、東京ノイズライブの告知です。


第五回東京ノイズ
5月23日(火) 開場18:30 開演19:00 
中野スタジオTWL 前売1000円 当日1200円

出演

緑LOVE
アンチ人間 
黒船男児 
ぐるぐるぽーん 
HEY!たくちゃん 
渚のシルエッツ 
ランプアップ 
ロリィタ族。
おーたに 
クルクルキューティクル
アルコ&ピース

MC,HEY!たくちゃん
ゲスト:ミラクルひかる


チケットとか置きチケにできるので、もし興味のある方はメッセージください。

このライブは、自信を持っておもしろいです。
ぜひとも来てください。

この日だけはAKB48を我慢して来ていただけると幸いです。

テーマ:ライブ - ジャンル:お笑い

  1. 2006/05/19(金) 23:53:14|
  2. お笑い
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

小林香菜についての考察。そしてかぁちへのときめき

「みんなどこ見ているのかな~?
香菜のことちゃんと見ててくれてるかな~?
かぁち、かっちゃんこと、小林香菜です。」



ならば汝に問う。
汝は何を見ているというのか?その視線の先に何をとらえているのか?

``われ汝に精神の三態を説く。精神が駱駝となり、駱駝が獅子となり、かくて最後に獅子が童子となる。
童子は無垢であり、忘却である。新しい発端である、遊びである。みずから回りいずる車輪である。第一の運動である、聖なる肯定である。そうではないか、わが同胞よ。創造の遊びには聖なる肯定を必要とする。かくして精神は、いま、みずからの意志を意志するようになる。世界を喪失していた者よ、いま、みずからの世界を獲得する。``
ニーチェ著『ツァラトゥストラはかく語りき』より




小林香菜(かぁち、かっちゃん)<旧プロフィール画像はこちら> 

AKB48,Kチーム所属。1991年5月17日生まれの15歳!(今日小林さんにハッピーバースデイ歌ってきました)身長158.5cm、上から74/56/77。埼玉県出身。血液型はB型。趣味は詩を書くこととファッションとなっている。

えれぴょんこと小野恵令奈さんがきっかけでKチーム公演に通うようになって早一月。
すでに25回を数えた私の通劇。目標まで4分の1達成といったところか。
しかし、普通の人は、毎日自分の好きなものを食べているとさすがに飽きてしまうのではないだろうか?
毎日通っていて飽きないのか?という疑問をおもちになる方もいるだろう。実際知人からも尋ねられた。

飽きるわけないだろ!全然飽きないよ!
なぜなら、小林香菜さんがいるのだからね…(ニヤリ)。


小林香菜さんはムードメーカーとでもいうべきなのか。
実際のプライベートではどうか知らないが、公演中のMCにおいて小林香菜さんは秋元才加さんの次の2番目にマイクをもつ。
そして冒頭に書いたような自己紹介を行うわけなのだが、非常にここが盛り上がるところである。
どこ見てるの?なんて聞かれたら、それはもう、ねー。「香菜ー!」「香菜ちゃん!」って言うしかないじゃないですか。正直に言うしかないじゃないですか。
そのあとの、今日のお題に対しての回答ぶりは毎回毎回無邪気に自由奔放で見るものを飽きさせない。
ある時はスカートヒラリでの予告ウィンクをしたり、またある時は『寝る前にすること』というお題なのに「やるまえにすることは~…」と言っちゃったり(会場ザワザワ)。
プロ意識的なものではないように思われますが、とにかく小林香菜さんがしかけてくる言葉の数々に我々は心躍らずにはいられないのです。
小林香菜さんのMCから勢いがついて、会場も暖まったところで次の人につながっていくように感じます。

と、上のように小林香菜さんの中学生らしい無邪気なところとムードメーカーなところを絶賛したところで。
私はダンスを習ったことはなく、またバレエや舞踊に精通しているわけではありません。芸人なので人前で踊ったことはありますが…。
そんな私がこのような発言をするのはなんにも根拠のない戯言に過ぎないのですが。
小林香菜さんはあまりダンスがお上手ではない。ように思われる。
それはAKB48ファンのブログなどを巡回してみても、そのような意見がのっていたりするところ見ていると、まあやっぱりその通りなのかなと私も確信してしまうわけで。

小林香菜さん。
私たちは小林香菜さんを見ています。では、あなたはどこを見ているのですか?
・・・
私は小林香菜さんがちゃんと笑っているところを見た記憶がありません(Kチーム公演すべてを見ているわけではないので間違っていたらすぐに訂正します)。
MC中に隣の人と談笑しながら笑っている姿は見たことありますが(今日は河西智美さんと突っつきあいしてました♥)
しかしそれ以外の、自分がしゃべっている時や歌っているときなどは笑ってないように思えます。
もちろん笑顔であるのですが、それが真の笑顔には見えないのです…。
ヲタク相手に真の笑顔なんてするわけないじゃん、愛想笑いに決まっているだろ、という意見もあるかもしれないが、しかし愛想笑い、舞台の上なのだから営業スマイルと言いましょう。営業スマイルは私からいえばちゃんと笑っていることになります。見ている人にはいい笑顔に映っているのだから。
そうです。小林香菜さんは、営業スマイル、ですらないのです。目が笑っていないとでも言いましょうか?
なぜに小林香菜さんは舞台の上でちゃんと笑うことができていないのか…。
そこには``ダンス``が関係しているように思われます。
おそらくは小林香菜さんはいつも緊張しているのではないでしょうか?
それもダンスに対する不安からくる緊張なのではないでしょうか?
私は過去1度楽曲中に振り付けを忘れたのか?止まってしまっている小林香菜さんを見たことがあります。
それに、曲中は常に次の振り付けのことを考えているように見えるのは私だけでしょうか?
小林香菜さんの視線はいつも宙を漂っているかのようです。
まだその視線の先に将来の自分を捉えているようには思えません。

AKB48公式ブログの9月のところに当時オーディションを受けた人の情報が載っています。→9月のブログ
そこには小林香菜さんの名前もあります。

小林香菜ちゃん
趣味:服を集める事。ダジャレ
特技:テニス(テニス部 部長)
出身地:埼玉県
 コメント:やる気は人一倍ありますので、皆さん応援宜しくお願いします!



そして父親と一緒に面接を受けにきたそうです。
最初のAKBには選ばれなかったようですが、もう一度受けてKチーム入りを果たせました。
「やる気は人一倍あります」という言葉どおり、落選したにもかかわらずもう一度オーディションを受けて合格している。
AKB48は、まるで落語の師匠が弟子入り志願者を一度は断ってそれでも何度も志願に来る人を弟子にするように、小林香菜さんをあえて崖下に落として試したのでしょう。
そんなやる気いっぱいの元気っ娘、小林香菜。
ダンスは回を重ねるごとにうまくなっているのが素人目の私にもわかり、そのやる気を実証してくれています。
そもそも、顔立ちや仕草はかわいいですし存在感もあります。そしてMCも盛り上げてしまいます。
Kチーム公演が始まって早一ヶ月。
日に日にダンスが上手になっていく小林さんを見ていけることは、Kチーム公演に通うものに許された特権です。
そして。
いつの日かダンスへの不安が取り除けたとき、小林香菜さんの第2章が始まるのだと思います。
そのやる気があれば、スターになることも夢ではないと私は信じています。

060502_2027~0001.jpg










・冒頭での引用について

ニーチェの『ツァラトゥストラはかく語りき』より、精神の三様についての説明部分である。
駱駝が従順さと忍耐力を。獅子が自由精神の獲得を。童子が新しい価値の創造を表している。
そしてこれらすべてを併せ持つものを『超人』というわけだ。
小林香菜さん、Kチーム共に今、ニーチェ言うところの駱駝の状態から次のステップに移行する時期のように思える。
駱駝から獅子へ。従来の神(Aチーム)や戒律を批判して戦闘を挑んでいく。守りから攻めの姿勢に転じるというわけだ。
そして、その先には超人が待っているというわけだ。
しかし超人になるにはどうしても童子、新しい価値の創造が必要になる。
そこでKチームが超人になるためのキーになってくるのが小林香菜さんなのだ!

ニーチェは、『混沌』から新たな創造が生まれると言っている。

小林香菜がマイクを持てば、今のところ必ずといっていいほど混沌が生じる。

小林香菜「みんなどこ見ているのかな?」→客「香菜ー!」「香菜ちゃーん!」「香奈香菜ー!」
小林香菜「凛とした輝きを放ち、だーす」→客「だーす」「だ~す」「だーーす!」「だぁす」「だーす」「だーす」

すべて小林香菜さん発信の混沌だ。
Kチームが新たなる伝説を作れるのだとしたら、それは小林香菜さん抜きにはありえないように思えてしまう。
ギリシア神話にも、カオス(混沌)から世界が始まったとある。

小林のK
香菜のK
小林香菜さんのK
混沌のK
カオスのK


Kチーム。まだまだどうなるかわからないが、やはり小林香菜がいなければいけないのは・・・。
わかるかな?
わかる香菜♥

10009044336_s.jpg


9月21日作成、小林香菜セカンド考察はこちら↓
『小林香菜についての考察。そしてかなへのサングラスと出っ歯と朝ズバと大事な大事なアタックチャンスとかつらをプレゼント』
                        アンチ人間公式ホームページ
【“小林香菜についての考察。そしてかぁちへのときめき”の続きを読む】

テーマ:ひとりごと。 - ジャンル:日記

  1. 2006/05/18(木) 23:36:24|
  2. チームKメンバー考察シリーズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

人はそれを五月雨のせいにする。

雨の降りしきる電脳都市は、どこか機能を失ったような寂しさに満ち満ちて。
ましてあたりが闇夜に包まれれば、それがいっそう肌身に染みてくる。

旧暦の5月の雨のことなのだが、なんだか今日は五月雨の似合う日和だな。

ん?
おや、こんなところに明かりが…。
どら冷やかし程度に覗いてみるか。

「じゃん、けん、ぽん!」

???
そうか。人恋しいあまり幻覚を…。
こんな、メイドさんがミックスジュースを作っている幻覚を見るようじゃアンチ人間失格だな。

でーも体が勝手に~…


<メイド喫茶レビュー>

というわけで今日はメイド喫茶Cos-Cha (コスチャ) にやって来た。
060513_2056~0001.jpg


店内に入るとまず目に付くのが小学校にあるような勉強机。
ここは本当に喫茶店なのか!?と始めてきた人は驚いてしまうだろう。
ちゃんと教室の後ろにあるようなロッカーもあり、メイドさんたちの靴が入っている。

そして片側の壁一面に設置してある黒板にはカラフルな文字とキュートな文字が並んでいる。
小学校時代ほとんど使用されるところを見なかった、黄緑のチョークやブルーのチョークがここではいきいきとその存在を誇示していた。
メイドさんはチョークにも優しいのですね。

今回は3人で来たので勉強机を避けて普通のテーブル席に。
土曜日であったが19時を回っていたのでそこまで混んではいなかった(それでも5~6組はいました)。
私は普通にコーヒーを頼んだが、友人はクラッシュハートなるものを頼んだ。
苺のカキ氷みたいなのが入った飲み物だ。
真っ赤な粒粒のそれは、駄菓子やで売っている毒々しい色の駄菓子のようでもあったが、メイドさんが持ってきてくれると愛のこもったハートいっぱいの飲み物に思えるから不思議だ。
メイドさんの力の偉大さを感じる。

各々の飲み物を飲みながら男3人、AKB48について語っていると突然メイドさんが手を打ってみんなの注目を集めた。
「ただいまからこちらのご主人様とジャンケンミックスジュースをしまーす!」
と小悪魔チックに我々の隣のテーブルの青年を指さした。

ポカーン、とする我々を尻目に準備は進められていく。
これから何が始まるのかというと…
『天国と地獄のエンジェルジャンケンミックスジュース』
なんのことかわからなかったが、準備が整ったところを見てなんとなく察せた。
テーブルの上には紅茶、牛乳。
それ以外に納豆、生卵、もずく、マーマレードジャムが並んでいる。
つまり…。
メイドさんとジャンケンをして、負ければそのメイドさんは小悪魔のごとく、それらの食材を牛乳か紅茶の中に入れていくというわけだ。
そして地獄のミックスジュースができてしまうかも、というわけだ。

勝負は4本勝負。
そのご主人様青年は、負ければその地獄のミックスジュースを飲まなければいけないうえに、もし飲めなければビンタのお仕置きをされたしまうというなんともうらやま、過酷な勝負だ。
そして。我々と我々以外の客の前でその青年ご主人様は4連敗を達成した!
勝つたびに嬉々とした表情で食材を牛乳にぶち込んでいくメイドさん。
その様子はまるで、いたずらを楽しむ小悪魔ちゃん。
コスチャにはどじっ娘メイドではなく、いたずらっ娘メイドがいるのだ!

そんな、新属性の発見に感動している私を尻目にその青年はなんと地獄のジュースを飲み干した。
だが。そのメイドさんは違う部分にいちゃもんをつけてお仕置きを強行したのだ!

シチュエーションは先生と生徒。
女教師と化した小悪魔メイドさんは、その青年を蔑み嬲り叱りつけた。
そして…
パシーン
と、乾いた音が、メイド喫茶に似合わない鋭い音が響いたのだった。


その地獄のミックスジュースを飲んでびんたをされた青年ご主人様は、え、え、笑顔だった…。


うらやましぃ~!


というわけで。
もし上記のような非日常を体験したいという人はぜひともコスチャにいくことをお勧めする。
「おかえりなさいませ♥ご主人様」だけがメイド喫茶じゃない。
「お仕置きよ!」だってメイドさんには良く似合うのです。


メイドさんメイドさん、オシオキキボンヌ
【“人はそれを五月雨のせいにする。”の続きを読む】

テーマ:戯言 - ジャンル:日記

  1. 2006/05/14(日) 02:59:18|
  2. メイド喫茶レビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

松原夏海についての考察。そしてなつみへの委員長推薦。

キーンコーンカーンコーン、キンコンカンコーン…


あー、チャイムが鳴り終わった。

今日も一日がはじまった。
何回聞いたかわからない、始業を告げる学校のチャイム。

学校が創立されて今まで何回鳴っているであろうかだれもわからないチャイム。

あるものにとっては楽しい一日を、あるものにとっては陰鬱な一日をそのチャイムから始まるわけだ。

退屈な学生生活を続けて早3年たった。

もうじき僕は、まあ僕たちはとでも言うべきか。
僕たちはこの学校を卒業してそれぞれの道を進む。
といってもほとんどみんな高校に進学するわけで。僕と一緒の高校に行く人もたくさんいるわけであって。
つまり、またこれから3年間、僕たちは学生としての生活を続けるわけだ。

またこれからもこのチャイムの音を聞き続ける。
そう考えると、いくらこのチャイムがこの学校で聞く最後のチャイムだとしても別にありがたみは感じない。
でも。もう一回、これから何時間後に鳴るチャイムは、それは僕たちが永遠にこの学校に別れを告げるためのものである。

そのチャイムが鳴れば。僕は二度とこの学校の学生には戻れない。

そして、あの人にも、もう会えない。

もう委員長と呼ぶこともできなくなるわけだ。



最初に、ほとんどの人が高校に行くと言ったが例外な人が1人いる。

それが委員長。

『委員長』。委員長は本当に委員長でもあり、その娘のあだ名でもある。

物静かな外見にちょっとだけきつめの目、綺麗な黒髪。

そしてなによりメガネであること。

卵が先か鶏が先か…。とにかく委員長は委員長っぽいから委員長で本当に委員長なのである。
そんな委員長もここを卒業したら委員長じゃなくなるわけだ。

・・・委員長は芸能界に入るそうだ(と言ってもちゃんと高校にも行くそうだが)。

なんだかアイドルグループの一員になるそうである。

この話を聞いた人の多くが、「あの委員長が!?」と驚いていた。

まあそれもそうだろう。あまりにも委員長イメージが強いから、そういう歌ったり踊ったりのイメージなんか全然わかない。

もし委員長が歌ったり踊ったりするのなら、教会の聖歌隊や日本舞踊であろう(イメージでは)。

でも委員長はこの春から芸能人になる道を選んだ。

…寂しいのは僕だけなのだろうか?

委員長が委員長でなくなるのが寂しいと感じているのは僕だけなのだろうか?

芸能人になることが信じられないのではなく、委員長でなくなることが信じられない。
みんなそんなことを思っているように思える。
でもいつまでもこんなことを考えているのも良くないだろう。
委員長は自分の夢をかなえるために頑張るのだ。
僕も少し、委員長を見習ってみよう。
今、卒業生代表として委員長が壇上に上がった。
胸ポケットから紙を取り出し口を開いた。


「卒業生代表、松原夏海」



涙を拭うためにメガネをとった委員長は、あまりにも綺麗だった。




キーンコーンカーンコーン、キンコンカンコーン…
(BGM 桜の花びらたち)




松原夏海(なつみちゃん)(旧プロフィール画像はこちら

AKB48,Kチーム所属。1990年6月19日生まれの15歳。身長158cm、上から79/58/86。福岡県出身。血液型はB型。趣味はお菓子作りとなっている。

matubaranuumi.jpg


松原夏海さんのいつものMCの台詞はこうだ。
「あなたの心の中の住人になりたい、15歳の松原夏海です。」
なるほど。確かに。
気づいたらいつのまにか私の心の中に松原夏海さんが住んでいた。そして委員長になっていた。

ではわたくしアンチ人間もこういってみよう。
「松原夏海さんの犬になりたい、23歳のアンチ人間です」
(松原さんは犬を飼っているようなので。松原夏海さんの好きなものはシュークリームの、それも中身だけが好きなそうです。なので外側の皮の部分は犬にあげるそうです)


と、私アンチ人間のわけのわからない妄想ではじめてしまいましたが松原夏海さんは落ち着いた雰囲気を出している人なので、ついつい舞台以外のことを考えてしまいます。

松原夏海さんはダンスよりも歌唱力のほうが目立っています。
『クラスメート』というユニット曲のなかでは、ヴォーカリストコンテスト荒しの増田有華さんに負けないくらいの美声で存在感をだしてます。
特に『クラスメート』という曲は落ち着いた、歌をしっかり聞かせる曲なので松原さんにとてもマッチした曲です。
こちらから『クラスメート』楽曲の冒頭を見れます。

また『クラスメート』を歌っている5人でMCをやっていた時の仕切りは松原夏海さんでした。
クラスメート5人でのMCの際、好きな授業というお題で松原さんは「二次方程式と図形の角度を求めることが好きです」と優等生風に答えることによって会場の笑いをさそい、そのあとにしゃべる年少組がしゃべりやすい空気をつくったりしていました。

細かいところにまで気のつく、物静かだけど舞台を、周りをちゃんと見据えている。
そう。まるで、
委員長のようだ。

松原夏海さんはAKB48に入るまで、中学生時代はメガネをしていたそうです。
そんなに目は悪くなかったそうですがかけていたそうです。
芸能活動を始めるに当たってはずしたそうですが、今は日常でもかけていないそうです。
ということは、高校ではやっぱり一番前の席に座っている可能性は高いです。
ということは、授業中に眠ることもできないということになります。
ということは、どんなに芸能活動が大変でも、ちゃんと授業を受けているでしょう。
ということは、芸能活動をしていても勉学に励んでいるので優等生でしょう。
ということは、芸能人ということもあって校内で人気もあり、いつのまにか生徒会長に推薦されるでしょう。
ということは、校長先生の朝の挨拶で「松原夏海さんは芸能活動をしていながら学業に対しても手を抜かないすばらしい生徒です」と表彰するでしょう。
ということは、でもさすがに生徒会長と芸能活動の二束のわらじは無理だなと松原さんは悩みます。
ということは、「そうだ、前の席に座っているからこうなってしまったんだ。後ろの席で授業中寝ている生徒になれば生徒会長に推薦されることはないだろう」
ということは、松原さんはまたメガネをかけ始めます。
ということは、メガネっ娘です。
ということは、眼鏡っ娘です。
ということは、生徒会委員長に即就任決定です。
こうして、メガネっ娘アイドルを遥かに凌ぐ委員長アイドルが誕生するのでした…。

松原夏海15歳。
自称まだまだ未熟のKチームの中で早熟さを感じさせる少女。
好きな色は?のお題に対して「深いところの海の色が好きです。理由は名前でわかると思います」と応えたところからでもその一片が伺えます。

メガネとか関係なく、AKB48で、委員長のようにKチームをまとめてメジャーへ導いてくれるのは松原夏海さんをおいて他にいないであろう。
060509_2028~0002.jpg


                          アンチ人間公式ホームページ
【“松原夏海についての考察。そしてなつみへの委員長推薦。”の続きを読む】

テーマ:ヲタクのメモ - ジャンル:日記

  1. 2006/05/13(土) 15:34:46|
  2. チームKメンバー考察シリーズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

涼宮ハルヒさん本人に尋ねてみないと…。なんとも…


SOS団に未だに入ることは許されない、カス芸人ことアンチ人間です。
今日も秋葉原に行ってきました。
涼宮ハルヒの憂鬱EDテーマ『ハレ晴レユカイ』の発売日です。
まあ私は昨日からがんがん聞いているのですが。

そんな5月10日のアキバ。
まず駅前のゲーマーズにて。当然のごとく売り切れておりました。


ST280011.jpgST280010.jpgST280009.jpg



 日本にまた新たなる祭りが誕生した瞬間であった。
ここに『涼宮ハルヒの奇祭』が完成した。


それで駅前の広場には、いわゆるオフ会の人が集まっていました。


ST280016.jpg

『ハレ晴レユカイ』をオリコン1位にするための呼びかけだそうです。
この『ハレ晴レユカイ』をオリコン1位にしよう計画には、反対意見もあるそうです。
企業に踊らされている、真に良い曲ならそんなことしないでも売れる、無理に他人に勧めるほうがよくない、等々。
よくわかります。


しかしです。じゃあ我らが団長、SOS団団長ならなんというでしょう?
退屈が嫌い、おもしろいことが好き、そんなSOS団団長涼宮ハルヒさんならアニメのしかもUH局限定のアニメのEDテーマがオリコン1位になることをどう思うでしょう?


私の場合ならただ一言「おもしろい」と言うでしょう。


今日オフ会等で呼びかけた皆さん、及び涼宮ファンの皆さん。


我々はだれのためでもない。ただ一人、涼宮ハルヒさんにのみ従いましょう。
おもしろい、そのことだけを追求すること。



オリコンチャートを見ながら高笑いする涼宮さんが私の頭をちらほら…。



ハレ晴レユカイ ハレ晴レユカイ
涼宮ハルヒ(平野綾)、長門有希(茅原実里) 他 (2006/05/10)
ランティス
この商品の詳細を見る

【“涼宮ハルヒさん本人に尋ねてみないと…。なんとも…”の続きを読む】

テーマ:涼宮ハルヒの憂鬱 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2006/05/11(木) 02:02:47|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

大堀恵についての考察。そしてめーたんへの感服。

80年代→松田聖子、Wink、おニャン子クラブ、中森明菜、小泉今日子、中山美穂、南野陽子等々。いわゆるアイドル全盛期。数々の伝説が生まれ消えていった時代。ちなみに私が誕生したのは82年。

90年代→アイドル冬の時代と言われ、世間には小室サウンド、SPEEDを代表するようなPOPsナンバーが売れてゆき、若者の憧れの的になっていった。そんななか歌謡曲というものは影を潜めていった。たった一人、水野あおいがいたおかげでアイドルの灯火はかろうじて、かろうじて生き残った(それ以外にも椎名へきるさんがいたハミングバードを代表とするアイドル声優の方々もがんばっていた)。

00年代→21世紀の始まり。モーニング娘を中心とするハロープロジェクトの活躍により、アイドル歌謡曲的なものが復活の兆しをみせる。80年代おにゃんこ等の影響を受けたつんく♂氏の楽曲によるところも大きいと思われる。そして、モーニング娘がいわゆるお祭り楽曲、ラブマシーンに代表されるカラオケで盛り上がる曲を歌ってきたのに対して、同じハロープロジェクトの当時新人だった松浦亜弥が歌ったのは、女の子の恋心を主題にした正当アイドルソング。そして正当アイドルソングとしての『桃色片思い』のヒットにより世間にアイドル松浦亜弥が認められた。それによってアイドル冬の時代は一応の幕を閉じた。

06年~…→ハロープロジェクトの世間への影響力は弱まっていき、モーニング娘は規模の縮小、松浦亜弥はCMを主軸に活動を展開。Berryz工房dreamBON-BON BLANCOsweets(解散決定済み)、美少女クラブ31HINOIチーム等のローティーンユニットが現在のアイドル界の主流であるように思われる。が世間への影響力というものは皆無に等しい。




なんとなく、私の勝手な記憶と勝手な意見によって以上のようなアイドル史的な概略を作成してみた。
私は99年ころからドル好きになったが、この何年間でも変化は著しい。
やはり今はU-15(15歳以下)の時代なのだろうか?
とにかく、基本15歳以下のうちにデビューしなければ売れることはまずないといっていい状況。
嶽本野ばら氏の小説『ロりヰタ。』にも
―女の子が二十歳を過ぎてから芸能界に入って名を売っていくのは、猿が作家になるよりも遥かに難しいのです。―
とあります。男女雇用機会均等法が施行されて四半世紀以上、芸能界にはそんなもの露ほども存在していないのです。

私ごときが把握している現状を記したところで本題に。
80年代、おにゃんこを大ヒットに導いた秋元康氏がプロデュースするAKB48。
今現在チームAとチームKの2チームに分かれている。
Aチームの平均年齢が16.55歳。
Kチームの平均年齢が16.17647058歳。(2006年5月現在)
両チームとも16歳である。
ちなみに多人数女性ユニットの大家、モーニング娘の平均年齢は19.25歳である(2006年5月現在)。

U-15などといわれているが、Berryz工房などの実力もバックボーンもあるユニットですら実はそんなに売れていない。U-15神話は所詮アイドル好きが勝手に掲げたローカルな神話にすぎない。
多人数ユニットの良いところは色々な年齢をそろえられるところだ。
Kチームに関しては、10歳~22歳だ。それでいて平均年齢は16歳だからある程度バランスがとれた配置がなされているようだ。
全盛期のモーニング娘も中澤裕子がいたように、20歳以上の人がいるとその人が世間とのパイプ的な役割を果たすので見ているものによりそのグループを親身に感じてもらえるようになる。
私が好きなBerryz工房は、確かにみんな可愛くて頑張っていて素晴らしいのだが、全員中学生以下なので話がついていけない、ジェネレーションギャップ、距離を感じてしまうのも事実だ。
そういったところがブレイクしない一因になっているように思われる。
やはり、アイドルユニットには20歳以上のお姉さんがいなくては・・・。




大堀恵(めーたん)<旧プロフィール画像はこちら>

20060831000553.jpg


AKB48Kチーム所属。1983年8月25日生まれの22歳。身長158センチ、上から83/57/86.血液型はA型。趣味は犬の散歩で、好きなゲームは桃鉄のようだ。

AKB48全体を通して、大堀恵さんが最年長のメンバーである。
最年長であるがゆえにきっと他のメンバーから頼られていたりするのではないだろうか?
最年長であるがゆえに他のメンバーよりも経験が豊富なのではないだろうか?
……。
実はその通りでなのである。
大堀恵。
またの名を松嶋めぐみ。

吉田豪氏には遠く及ばないですが、私もネットだけをくしして大堀恵さんについて調べてみました。
またの名を墓荒らし行為(吉田豪氏がしゃべる墓荒らしといわれているので)。
なんとなく色々なことがわかりました。
過去を暴くようなことを書くのは良くないと思うのであまり書きませんが、去年までは松嶋めぐみという芸名でタレント活動をしていたようです。
女優からアイドル業まで。写真集、DVDも発売しています。
自身のブログも解説していたようです→『松嶋めぐみのお姫様気分』(現在閉鎖中)
積極的に活動していたのは間違いないようです。
ある掲示板の書き込みには、2005年ブレイクするのは松嶋めぐみだ!、というのがあるくらいなので、それ相応のオーラを放っていたのではないでしょうか?当時を知らないのであくまで推察ですが。

その松嶋めぐみさんが大堀恵さんになってAKB48の門戸を叩いてきた。
しかも。
大堀恵さんは普通にオーディションを受けたのではなく、一度AKB48カフェでアルバイトまでしていたのです。
oohorisann.jpg
↑アルバイトとしてA系B新聞に載る大堀恵さん

AKB48にかける、並々ならぬ意気込みが伝わってきます。
仮にも2005年の段階でDVDを2本出し、ドラマやTVにも出演していた大堀恵さんが、松嶋めぐみさんがそこまで力をいれてAKB48に挑んできた。
AKB48のオーディションのページにはこうありました。
``AKB48劇場までの交通費は各自負担してもらいます``。
ということはおそらく、本当のところは全然知らない私ですが、出演者にギャラは支払われていないのはまず間違いないでしょう。
プロであった大堀恵さんが、いわば公開レッスン的なAKB48に、しかも最初はカフェのアルバイトとして入ってきた・・・。
いったいどれほどのものを背負ってAKB48に来たのでしょう…?

上にも書きましたとうり、女の子が20歳を過ぎて芸能界で名を売っていくのは相当な困難なことであるようです。
しかし、それは不可能ということではない。限りなくゼロに近くても可能性があるというのも確かなようです。
そもそも芸能界で売れるということは常軌を逸脱した天才以外、みな『売れる』という低い可能性に全力をかけて挑んでいるのが普通。
なるほど。確かにアイドルなどは若い方がいいだろう。
しかしU-15の娘が売れる可能性が0.1だとして、O-20の娘が売れる可能性は0.01くらいなのではないだろうか(何の根拠もない勝手な数値化なのでアンチ人間の妄言と思ってもらっても結構です)?
そうなると、どちらにしても売れる可能性は低いということだ。
だったらあとはやる気、ハート、ということになるのではないのか?
低い可能性を突破するには、0.01に己のすべてをかけれる人間でなければいけない。
それがラストチャンスなんだと覚悟をして挑まなければいけないだろう。
そして。
大堀恵さんはAKB48に本気で入ってきて、AKB48で本気で売れる決心をしているのでしょう。
またそれほどのものがAKB48には用意されている…。

AKB48,Kチーム。
最年長大堀恵さん。
彼女がいることによってKチームは良い方向に向かっていくと思います。
私がアイドルユニットにお姉さんが必要だと思うわけのもう一つわけ。
それはそのユニットを引っ張っていく力があることです。
特に大堀恵さんの覚悟は生半可ではないでしょう。
一切の妥協を許さずにKチームを引っ張っていくと思います。

どうか芸能界で、Kチームと一緒に羽ばたいている大堀恵さんがいますように…。
060427_2030~0001.jpg


                          アンチ人間公式ホームページ
【“大堀恵についての考察。そしてめーたんへの感服。”の続きを読む】

テーマ:可愛いもの大好き!! - ジャンル:ブログ

  1. 2006/05/06(土) 03:40:40|
  2. チームKメンバー考察シリーズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

まずは謝罪も必要です。

先日、ここのブログで発表してしまったお笑いについての声明、もとい犯行声明について言い分けさせてください。

ポップな笑いが大嫌いだ!、
と言いましたが、けっしてそんなわけではありません。
確かに私は伊集院光さん、爆笑問題さん、また鳥肌実さん、快楽亭ブラックさん、横須賀歌麿さん等毒のある芸、下ネタ芸が好きですが、だからといってじゃあテレビの漫才、コントを見て笑わないかといえばそんなことはなく桜塚やっくんさんでは毎回笑っています。

ポップな笑いが嫌いなのではなく、みんなにちゃんと伝わる、老若男女に受けるネタを自分が作れないから、ある意味嫉妬的なものから負の感情を抱いてしまうのです。お恥ずかしい話なのですが、八つ当たりみたいなものです。
自分の力不足を棚に上げて人の、お笑い好きの方々、女子部員の批判に従事した私はどうしようもありません。
あれを読んだ友人から注意をうけたこともあり、こうして謝罪します。

でもその記事の日記は消さないでおきます。
こんなにバカなことを言っていた時期があったのだな、と大人になった私、ちゃんと芸人になった私が読みかえす日がきますように・・・。

PS,酔ってブログを書くことは危険なことだとわかっただけ大人になれたかもです。

テーマ:どうでもいいこと。 - ジャンル:日記

  1. 2006/05/05(金) 00:12:16|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

広辞苑と大辞林?目標はブリタニカ百科事典に決まっているだろ!byAKB48

その話題性のせいなのか?
口コミ効果のせいなのか?
秋元康氏の力のせいなのか?
秋葉原という地の力のせいなのか?
兎にも角にも確実なのことは。
・・・。


 AKB48というものが確実に世に広まりつつある。それは確かなことだ。
もうすでに100公演を越え、今でも日々クオリティの高い公演を続けていて…、
メディアへの露出も増えてきていて…、
公演を見た人による口コミの効果もあるだろうし…、
私のようなブログ、書き込みによる宣伝効果も看過できないだろう。
そういったかい?があってかAKB48はメジャーへの道を歩み続けている。
今日はニュースサイト的にお送りする。



・『AKB48』という単語がYAHOO!辞書に登場!?


正確には、Yahoo!辞書の``新語探検``というコラムに5月1日、AKB48という単語が掲載、追加されたようだ。
以下その新語探検より引用である。





 AKB48 (2006年5月1日)

11~20歳までの少女37人からなる音楽・ダンスユニット。AKBは秋葉原を意味する。ドン・キホーテ秋葉原店の8階にある専用劇場「秋葉原48劇場」で、ほぼ毎日、歌と踊りの公演を行っている。総合プロデュースはかつて「おニャン子クラブ」を大成功させた作詞家・放送作家の秋元康。舞台をテレビから秋葉原の小劇場に移して、マイナーっぽさを売り物としたアキバ系のアイドル作りを行っている。これまでのアキバ系アイドルが「萌え」に代表されるようにアニメ、ゲームなど二次元であったのに対して、「出かければ会える」生身のアイドルだ。「48」は最大48人のユニットとすることを意図している。


 




・・・。
AKB48が広辞苑と大辞林に、いや英国ブリタニカ百科事典に載る日も近いのかもしれない。

 


 
<追記>
なるほど。AKB48を実にうまく、コンパクトに説明している文ではあるが毎日通っている私だからある程度間違いに気づいてしまった。
まず11歳~20歳となっているが、正確には10歳~22歳までである(メンバーで言うと奥真奈美~大堀恵です)。
次に、アキバ系のアイドル作り、とあるが真の目標はメジャーでの大成であるのでアキバ系と限定するのはよろしくない(あるいは、AKB48がアキバ系の代名詞になるという予測?のもとなのですかね?)。


そして。
少女37人という表記は正しいとは言い難い。
AKB48少女だけの集団ではない。
少女、乙女、愛少女、美少女、童女、長女、次女、三女?、お嬢様、不思議ちゃん、完成された少女小野恵令奈、等々の37人である。
それらをまとめて少女の一言で片付けてもらっては手抜きと言われてもしかたないだろう。
以上が目に付いた訂正箇所である。
参考にされたし。


<追追記>
少女37人じゃなくてアンチ人間の妹37人、だったら良かったなー・・・。

テーマ:☆女性アイドル☆ - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2006/05/02(火) 05:30:54|
  2. AKB48
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。