アンチ人間再来週からがんばる日記はじめるピョン

アンチ人間(お笑い芸人)の妄言にあふれた日記+レビューです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

検索の、TOPに、君臨してしまった…

今だけだと思いますが、グーグルで「小野恵令奈」というワードで検索すると1,2番が私のブログという惨状に…
guguru.jpg


小野恵令奈さん→http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E5%B0%8F%E9%87%8E%E6%81%B5%E4%BB%A4%E5%A5%88&lr=


ちなみに
増田有華さん→http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E5%A2%97%E7%94%B0%E6%9C%89%E8%8F%AF&lr=

大堀恵さん→http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E5%A4%A7%E5%A0%80%E6%81%B5&lr=

もなぜかTOPに。検索にひっかかる基準ってよくわかりません。

スポンサーサイト

テーマ:AKB48(秋葉原48) - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2006/09/29(金) 21:07:08|
  2. AKB48
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

9月30日ルサンチマンライブ 告知

地獄のライブが近づいてきました…。
ということで告知です。

俗物大衆洗脳集会・ルサンチマンライブ

9月30日(土)新宿ゴールデン街劇場 開場17時半 開演 18時

小野智・逆切れガンジー・Go!ヒロミ’44・横須賀歌麻呂・天晴一座・渡辺塾国民学校・生徒会長金子・ひとげぼいん・アンチ人間・ロリィタ族。(ZOXY DOLL)愛奴人形姫子・仔羊エルマー・ゆきおとこ・西奈美ゆうき・こてっちゃん馬場 他

メール予約 500円
当日 700円

出演者は変更になることもあります。


久しぶりの渡辺塾さんとロリィタ族さん。
そして場所が今回から新宿になったということで。
前回、過去最低の集客だったルサンチマンライブは果たして起死回生できるのか?
とにかく、毒を見てみたい人にはお勧めライブです

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

  1. 2006/09/29(金) 04:31:07|
  2. お笑い
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

番外編:レポ&ルポ、小野恵令奈さんと手紙と私。

えれぴょんへお手紙を手渡し、えれぴょんからお手紙を直接受け取る。
こんな夢のような話が本当にあるのか。妄想以外であり得るのか…。
あるんですよねー…。

小野恵令奈さん12歳(えれぴょん)レコード会社プロフ

というわけで、今回は、今までのようなわけのわからない自分よがりの考察だったり意見ではありません。
妄想の混じっていない、いわゆるレポートです。
好評なのか不評なのか、正直自分ではよくわかっていないアンチ人間ブログですが(増田有華さん考察では感動したという感想をいただきました)、今回はレポなので特に不快に思われる箇所はないように書きます(ライターの端くれとしても)。

ご存知の方もいるかもしれませんが、AKB48,チームKのメンバー名で検索するとこのブログが上位にあることが多いですよね。
特に小野恵令奈さんというワードに関しては、検索TOP10から落ちたことがありません。
このブログに『小野恵令奈』と検索してたどりついた人も多いと思います。
そうして、せっかく来ていただいた方々に興味のない珍文妄文、妄想ばかりなのもあれだと思ったので、勝手に義務だと思い込みレポをしてみることにしました。
それにレポなら、アンチ人間という芸人に興味がある人でも、その日アンチ人間がなにしてたのかわかるから、多少は読んでみる価値はあるかと。



『お手紙の返事をもらえる券についてのレポート。
つまりはえれぴょんからお手紙の返事をもらったレポ』


まず最初に、レポの手紙を受け取る日より以前を羅列しておきます。レポはえれぴょんからお手紙を受け取った日についてです。

1,ガチャガチャにて、一発でお気に入りのメンバー1人からあなたから頂いたお手紙のお返事を致します×○○本(お手紙の返事をもらえる券)を当てる。→ガチャガチャ景品について(公式ブログ)
2,はしゃぎつつえれぴょんへのお手紙を作成し、8月12日劇場窓口に提出に行く(この日はカフェサプライズのあった日。えれぴょんにガチャをまわしてもらってうきうきでした)
otegamihensin.jpg

3,劇場の係員から「それでは今日公演終了後に本人に渡してください」と言われる
4,「は?」と答える
5,お手紙お返事をもらえる券は、お手紙を手渡しすることができるのだと初めて知る。
6,その日は夜に用事があったので、一旦手紙を持ち帰る。
7,お盆休み。その間に、えれぴょんへ書いた手紙を読み返す。あまりのキモさに書き直すことを決意。えれぴょんに嫌われる難を逃れる
8,8月24日にお手紙手渡しを決行。そしてえれぴょん&チームKメンバーの前で郵便配達人ボケを決行。すべる。
9,へー。普段あんなに笑顔をふりまくチームKのメンバーが、あんなに白い目で僕を見るなんて知らなかったなー…
10,傷心
11,9月9日。メール当選のため、受付で身分証を見せると係員より「お手紙の返事が届いております」と言われる。
12,「本日公演終了後カフェスペースにてお待ちいただければ本人より受け取れます」と言われる。
13,「は?」と答える。
14,え、なに?受け取るのまで手渡しなの?どんだけ、高待遇だよ!いいもんなんだよ!あれですよ?私300円で出したからお得意様でもなんでもないですよ?しかもニートなんだよ?甘やかしちゃだめだろ!と心でつぶやく。
15,でも超うれしい
16,以下のレポに続く

公演終了後のごったがえすAKB48カフェにて友人と話しながら待つ。
本田芸能警備係員によって、浴衣ポラを撮影する人以外はカフェから追い出される。
ほとんど浴衣を纏った人だけが残るカフェスペース。
私だけが私服で待っていた。なので、本芸スタッフより「貴様なに突っ立っている。とっとと立ち去れ」という感じの内容を、敬語でやんわりと言われる。
「お手紙の返事がもらえるとスタッフから言われたのですが…」とチキンの私は、どもり寸前のあわてっぷりで弁明。年配のスタッフに確認にいくバイト君。そして「確認がとれたので待っていてください」と言われる。
イスに座り腕を組み、緊張する。
ものすごく緊張する。すべったという前科がある故、もうすべれないというプレッシャーに吐きそうになる。
回りを見渡すことでリラックスを試みた。

カフェスペースにはAKB48浴衣に着替えたファンたちが、約10人くらいいた。
各々に思い思いの表情で過ごすファンの方々。しかし、待ちに待ったという感じがでていて、みなそわそわしているように見えた。
そんな中一人、浴衣の胸の部分に詰め物をして、上半身をパンパンに膨らませている人がいた。
「うーん。電波さんかな?」などと少し不気味に思う。
そうこうするうちに、渡された番号順に「○○番を持っている方」と呼び出され、劇場前の扉の前に並ばされる。3人単位。
3人入り、撮影を終えた順に出てくる。
人を吐き出すたびに開かれる扉から「ありがとうございましたー」という黄色い声が漏れ聞こえる。
あの扉の向こうにチームKメンバーがいることを、否が応でも実感する。
3人全員出てきたところでまた次の3人が扉の前で待機させられる。
そこに、さっき胸に詰め物をしていた人が並んでいた。
ペンギンのかぶりものをして。
「あー!かおりんのファンだったのか!」
早野薫ことかおりんが、『雨の動物園』なる楽曲の中でペンギンさんの格好をしているのは周知のことだと思うがいちおう記す。
なるほど。胸を膨らませていたのはペンギンのようにみせるためだったのか。すばらしい。
と、一人で呟き心でその早野薫ファンにエールを送らせてもらう。(でも、その膨らませた胸にまさかシャイニングおっぱいの意味も含んではいないだろうなー?と心でつっこみもしましたが…)。

何を話すか思案していると、いつのまにか浴衣で呼ばれていない人は2人だけという状況。そして手紙待ちの私。
そこで、年配のメガネ本芸スタッフが「手紙のかたー」と呼び出す。
ついにきたか、と思い劇場扉の前の待機場所に立つ。
すると、期せずして「いいなー」「手紙いいなー」という言葉が私の背中に浴びせられる。
そうです。このお手紙返事券は結構レアなものなんです。知り合いの、私より何万円もガチャガチャをやっている方々でも持っていないようなのです(少なくとも私の知っている範囲のファンには当てた人はいませんでした)。
正直に言えば、そこで少し優越感なるものが心に満たされました。

先に、残っていた浴衣の人が入るそうなので、私は一旦横にはけて2人が劇場の中に入るのを見送りました。
するともう一度扉があいて「手紙の方も来てください」と言われる。

前回の、CDBOX購入特典ポラ撮影の時はスタッフの手によって自動であいた扉も、今回は私が勘違いで入場するタイミングを逃し、自分の手でその大きな扉を開放した。

目の前に立つのは小野恵令奈12歳。通称えれぴょん。

改めて見て、なんとかわいいことなのだろう。
そして小さい。
えれぴょんは入り口すぐ近くの立ち見スペースの段差の上に立っていて、私は扉のすぐ前に立つ形で対峙。
それでも小さいと感じてしまう。こんな小さな体のどこにあれほどのオーラ、舞台で輝く力、えれぴょん言うところの『キラキラパワー』があるのだろうか。
AKB48の中でもTOP級の人気をもつ小野恵令奈嬢。
当然この日もえれぴょんファンとの浴衣撮影があったようで、浴衣衣装の格好で出迎えてくれた。

220189764_46.jpg←別イベント時の浴衣えれぴょん


小野恵令奈さんは手紙を両手で持って、宛名を私に見えるように差し出し「お手紙ありがとうございましたー」と笑顔で言ってくれた。
笑顔がキラキラしていた(比喩などではない。本当に星は見えなかったがキラキラだったのだ)。
「あー、そんな、わざわざありがとうございます」私は従来より、アイドル尊敬病があり、その娘が何歳だろうが異常に尊敬してしまう。だからどうしても敬語になってしまう。
握手等は手渡しには含まれていないので、私は小野恵令奈さんの手に触れないように注意しながらお手紙を受け取る。
20060923042937.jpg

『アンチ人間さんへ』
AKB48専用封筒の表にはそう書いてあった。
「わざわざ芸名のほうで書いていただいて、本当にありがとうございます」
「いえいえ」
小野恵令奈嬢に宛てた手紙の中で、できれば芸名のほうで、アンチ人間へ、としていただけるとうれしいです、と書いていたのです。
そして小野恵令奈さんはその通りにしてくれたのでした。
「今日の公演もすごくよかったです」
「本当ですか?(←言ったかどうか記憶が曖昧です)ありがとうございます」

すぐ近くで、私のような電波が変なことをしないように監視している劇場のスタッフと本芸のスタッフに見つめられながら、しかしまだ帰らせられる気配がなかったので会話を試みる。
「あの、今日この後オールナイトライブがあるんですよ。今日は衣装とか持ってきて観てました。今からお笑いライブに出てきます」
と、小野恵令奈さんに芸人として認知されたのをいいことに、その日本当に出演予定だったオールナイトライブの話をしてみました。
すると。
小野恵令奈さんが、あ、失礼、天使が…
天使こと小野恵令奈さんが表情豊かに
「そうなんですか。じゃあがんばって、笑いとってきてください!」
…。…。…
・・・!!
「そうなんですか。じゃあがんばって、笑いとってきてください!」
と、小さなガッツポーズをとって励ましてくれました。
…。…。…。
!!!

「はい!行ってきます!」と言い、私は自主的に扉を開けて劇場を出ようとするも、慌てすぎて扉にはさまれながら退出。
…はー。すげー。
とひとり感嘆の声をあげて、手紙をしまい、AKB48をあとにしました。


以上が、小野恵令奈さんから手紙を受け取った様子のレポです。
とにかく、「笑いとってきて下さい!」が最高に良かったです。脳が溶けるくらい、デレデレしました。
そして。
もう一つ劇場内で良かったことがあります。
それは、えれぴょんとだけ話せたことです。
2ショットポラや、お手紙を渡したときは、他のチームKメンバーに見られている状況でした。
以前にも書きましたが、演者とファンの逆転現象がおきるのです。
私は芸人のわりに、ものすごく緊張してしまう性質なので、ポラのときも渡すときも、まあ渡すときはすべったのですが、あまり会話できませんでした。
ところがお手紙を受け取ったときは、他のチームKメンバーが浴衣2ショット2人の方に行ってしまっていて、入り口付近には私と小野恵令奈さんとスタッフ2名だけだったのです。
撮影は舞台の前で行われているので、チームKメンは我々のほうには背中を向けています。
完全にファンと演者、私と小野恵令奈さんという状況にあったのです。
おかげで自然に話せました。
おそらく、完全に他メンに見られていない状況になれるケースは稀なのではないですかね?
そう思うことでまた勝手な優越感に浸ったりしました。


とりあえず9月9日は以上のような様子でした。正確でない部分もあると思いますが、大体が事実です。
私が話した台詞も、そして小野恵令奈さんが話した台詞も事実です。もし劇場に行ったことがある人はある程度状況を想像できると思うので、浴衣姿のえれぴょんが上の台詞を言っているシーンを思い描いてみてください。

長々と失礼しました。           筆者アンチ人間




ん?
お手紙はどうだったか、ですか?
うーん。

とんでもないものだったです!
はっきりいって最高級に至高です。
エコノミークラスにビジネスクラスをかけて、でも結局ファーストクラスはすげえけど、プレジデント用政府専用機には敵わないじゃん、みたいな感じです。
それについてはのろけになるので以下で。
むかついてもいいよという人だけ読んでください。

【“番外編:レポ&ルポ、小野恵令奈さんと手紙と私。”の続きを読む】

テーマ:AKB48(秋葉原48) - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2006/09/23(土) 04:33:50|
  2. 小野恵令奈
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

小林香菜についての考察。そしてかなへのサングラスと出っ歯と朝ズバと大事な大事なアタックチャンスとかつらをプレゼント

「夏休みじゃなくて夏海(人名)休みだね」
「キリンとかけて黄色です」
「電池を抜いておきましょう」
「じゃあ夏夏休みだね」
「皆さん、パンプキンスープわかります?」
「ピーチ味ってピーチですよね?」
「日本語人は漢字だね」
「ちっちゃい字のほう?小説っていうんだよ」
「こ動物みたいですよねー」
「コラーゲンキ」




以上は小林香菜語録。

小林香菜(かなー、かぁち)15歳


私の手帳の後ろにメモがあるのですが、最近はえれぴょんより小林香菜さんの名言を書きとめておくことが増えた。
以上は、そのメモの中にあった名言集。本当に笑った小林香菜さんの言葉たち。
それほどまでに私をひきつける小林香菜さんは、圧倒的におもしろい。

10009044336_s.jpg



AKB48、現段階で36名。
MCがおもしろい娘は何人かいるが、一番おもしろいのは小林香菜さんと確信している(あくまで現段階ということで)。
名前をあげるのが失礼なのは重々承知だが、あえて仮にもカス芸人、アンチ人間という立場からということで比較をしてみたいと思う。
MC等で毎回笑いを狙ってくる、笑いをとりにきていると感じるメンバーは篠田麻里子さん、星野みちるさん、大江朝美さん、野呂佳代さん高田彩奈さん、そして小林香菜さんだと思います。
篠田さんはファンのストライクゾーンを仮定してど真ん中にストレートを投げるボケ。
星野さんは不思議ちゃんキャラでありながら、きちんとわかりやすい隙を作っており突っ込みやすいボケ。
大江さんはとにかくハイテンション弾丸トークで空気ごと笑いにもっていくボケ。
野呂さんは篠田さんとは違う、例えていうならキャッチボールのような、ファンのほしいところにちょうどいい球をほおるボケ。
高田さんは自分が話せるトーク種の中から、他メンとは絶対に被らない自分オリジナルの世界観を前面に出すボケ。
小林さんは………

…わからない。分析不能。思考混沌。小林香菜。 わけなんですよ。
とにかくすごい。
ハイテンションで乗り切り型というわけでもなく、シュール空気はだしつつも不思議ちゃんではなく、言葉遊びもするけどハイセンスというわけではなく、暴走するわけでもなく。
とにかく好きとか言っておきながら、まだ全然理解していないのが本音である。
がゆえかメジャーデビュー曲の、『会いたかった』選抜メンバーにも選ばれている(もちろん可愛いからでもあります)。
はっきり言って、しつこいようですが現段階という前置きのもとに断言するのは、商業的に一番面白いのは小林香菜さんです。
とくに、今の状態でテレビに出たときは高確率でブレイクを予感させます(その場合ハロモニのようなメンバーだけのよりも、芸人とからむような番組がベストかと。絶対にほっておきませんから)。


ミクシのプロフィールにも小林香菜さんを2推しと書いていますが、前回の小林香菜考察が今年の5月頃(『小林香菜についての考察。そしてかぁちへのときめき』)。
それから何公演も観てきましたが、セカンドステージ、いわゆる青春ガールズ公演。
この青春ガールズ公演になってから小林香菜さんブームが私の中に訪れた。
青春ガールズ公演については以前ブログにも書いたが(→以前の記事はこちら)、楽曲的なことはこのさいどうでもいい。
『雨の動物園』という曲のあと、雨の動物園に出ている奥真奈美さん、小野恵令奈さん、小林香菜さん、早野薫さん、今井優さんによるMCタイムがある。
そしてこのMCの司会進行があろうことか小林香菜さんなのである。
あまりにも常人離れした小林香菜という女の子に常識的判断で場を仕切る司会者ができるのか?
できるの香菜?

できるのですよー。と言ってもできているという見解には反論もあるのかもしれませんが。
そもそも、最初は儀礼的で棒読み口調でフォローもあまりなくて。
MCのぐだぐだ感を楽しむコーナーかな、と思っていたのですがそれはわずかな間で、今では立派なMCっぷりです。
はっきり言ってMCができています。
基本の進行はもちろん、うまいふり、おいしいポジションをあげようとするふり、年下メンバーへのフォロー、そしてお客を置いていく身内トークにならないようにするお客へのフォロー。
冗談抜きで、AKB48全体で大島優子さんの次に基本ができています。
恐るべき、15歳。小林香菜さん。

ただ。ただ。ただー!
ずれている。
ちょっとだけずれている。
ちょっとだけ普通じゃない。
ちょっと人よりずれているから、通じない場面が多々あるというそれだけなんです。


例えば最初に書いた香菜語録の「パンプキンスープってわかります?」
というのも、ファミレスで好きなものというトークテーマの際にカオリン?だかがパンプキンスープが好きと言ったのに対して香菜さんが言ったお客へのフォローです。
「(そうか、カオリンはパンプキンスープが好きなんだ。パンプキンはかぼちゃだよね、うんうん。あ、でもこのまま話を進めちゃって、もしお客さんがパンプキンスープを知らなかったら、せっかく盛り上げても内輪うけになっちゃうか。ちゃんとMCとしてフォローしないと)」
と、小林香菜さんが考えたかどうかは妄想なんで知りませんが。
でも悪気があって言っているわけではないですからねー。お客が「知ってるよ」と言いたくなる気もわかりますが…。

また上の香菜語録の「ちっちゃい字のほう?小説っていうんだよ」というもの。
トークテーマが『雨の日にすること』だったかで奥真奈美ちゃんが「本を読んだりしてます」と答えた際。ついでなのでやりとりを書いてみる。
奥真奈美「私は~、本を読んだりしてます」
小林香菜「へー。何読んでいるのー?」←うまい進行ですよね
奥真奈美「前にも言ったんですけどわかりません(笑)」
小林香菜「え、101匹ワンちゃんとかじゃなくて?」←トークを引き伸ばすうまい進行。さらに本当に読んでいた場合奥真奈美のキャラもひきたつ。
奥真奈美「ちがいます」
小林香菜「じゃああれ、ちっちゃい字のほう?それはねー、小説っていうんだよ」←ナイスフォロー…じゃないか…
(客席ざわざわ)
小林香菜「いや、マーちゃんちっちゃいから小説わかんないかなーと思ったから…」←香菜思考だと「(マーちゃん10歳だから絵本しか読んでないだろうなー。だから小説なんて難しいこと言ったらマーちゃんわかんないままトークが進んじゃうことになっちゃう。ちゃんとフォローしなが進めないと)」

ちゃんと進行やっているんです。でもずれているんです。
その時マーちゃんこと奥真奈美さんも「なめんな」みたいな目をしてましたが、とにかく悪気はないんです(妄想かもしれませんが)。
しかし、この『ずれ』は本当にすばらしい個性で、私は最高に面白いと思っています。
いわゆる『売れる』ずれかたです。
だって
「キリンとかけて黄色です」←並みの人間じゃ言えないですよ。
ということは、これが言えるという事=強烈な個性な、わけなんですよ。


これだけ小林香菜さんをヨイショするのにはわけがあります。
動物園MCコーナーにおいて、お客があまり笑っていないことがあります。 それがちと不満です。
香菜さんの棒読み口調にも多少原因があるとは思いますが、しかしもっと笑っていいはずなんです。
芸人視線で見ると、小林香菜MCは一見全部アドリブで相槌うっているようにみえますが、ふって、待って、おとす、を確実に実行している場面があります。
しかし、それが面白くないのか伝わっていないのか。お客が無反応な場面が多すぎます。
回りがシーンとしているのに私が大爆笑して、おれ電波?みたいな場面が何回もあります。
あえて、暴論であることを覚悟で、妄言でもあることを薄々実感しながら言わせてもらうなら
「チームKファンは小林香菜さんのMCでもっと笑え!」
ということ。
いやいや、と。面白いと感じないのに笑えないぞと。そういう意見もあるかもしれませんが、AKB48は、少なくとも劇場での公演では演者と客というよりも、共に作り上げていくもの、ですよね。
だったら、声援やコールも大事だとは思いますが、「笑う」ということもとても大事だと思います。
香菜さんが褒められて伸びるタイプなのか、叱られてのびるタイプなのか。わかりやすくいうと、ジャイアント馬場なのかアントニオ猪木なのか。
どっちのタイプなのかはわかりませんが、とにかく小林香菜さんがせっかくボケた時には声をだして笑ってあげてもいいと思います。
それは甘やかすとは違うと思うので。
少し前の自己紹介から、必ず駄洒落をいれてきてますが、まあ趣味に駄洒落があったみたいなんで好きだからというのもあるのでしょうが、私の見解では「お前ら(ファン)わしの珠玉のふりやボケが全然わからんよってに、ダジャレくらいレベルを落とせばお前らでもわかるんとちゃうか?」という当てつけなのではないか、という説をもっております。
あのダジャレに文句を言う前に(猫がねころんでました、コラーゲンを食べたからコラーゲンキにがんばります、佐江はさえてるねー等)小林香菜さんの言動をもっと注意深く見てみてください。
そう!
名司会者、小林香菜のことを…


と、ある友人に話したところ「全部お前の妄想だろ。本人そこまで考えてないよ、たぶん」
と、言われました。テヘ

506.jpg

テーマ:ダメ人間日記 - ジャンル:日記

  1. 2006/09/21(木) 07:13:59|
  2. チームKメンバー考察シリーズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

宮澤佐江についての考察。そしてさえへの地球のみんな、いや秋葉原の乙女、おらに元気を分けてくれ!

<コラム>

去る9月6日、秋篠宮妃紀子さま(40)が東京都港区の愛育病院にて男児を出産。日本中が祝福ムードに包まれた。
そして12日は命名の儀が執り行われ、秋篠宮ご夫妻の長男は「悠仁(ひさひと)さま」となる。
皇室典範改正問題や帝王学等の教育問題もあるが、とにもかくにも皇位継承権3番目となる悠仁様がお生まれになったことは日本国にとって栄光なる未来への架け橋となるであろう。

悲しい事件が多い昨今、多くの国民が一喜一憂したであろうこのたびの悠人様御誕生のニュース。
当日のニュースでは誕生の一報を手にした記者が「8時27分男の子!」と声を上げているシーンがどの局でも放送されていましたね。


さて。日本は一応君主国ではある。であるが立憲君主制で天皇制、皇室典範によって権力は制限されている。政治は行政である内閣主導で行われる。
まして日本にはすべてを統括する王、絶対王、キングがいるわけはない。

のかな?
はたして今の日本に王は本当にいないのであろうか?
応えは・・・
否!
少しでも周りを見回してほしい。

劇団四季の『ライオンキング』は公演回数5000回を超え、今や子供たちから大人にまでムシキングという言葉を知らないものはいない。『スタンドバイミー』『グリーンマイル』を代表とするスティーブン・キングの作品を見たことがない人は皆無に等しいだろうし、今日の人種平等社会があるのはキング牧師の偉業によるところも多分にあることに異論はあるまい。人力舎所属のキングオブコメディもそれなりに好調だ。
そしてその目を秋葉原に向けてみよう。
キングレコード、スターチャイルドレーベルのCDが上位を独占する現象が起こるこの地、秋葉原。
そんな秋葉原に去年12月、新しいエンタメスポットが誕生した。
AKB48である。
ドンキホーテの8階で毎日、旋律の少女たちが夢をかなえるために公演を行うというAKB48。

現段階でチームAとチームKが存在するが、チームKのKが『King』のKなのは周知の事実。
そして。
陸上哺乳類最大、地上の王とも言われる、気高く優雅な像=エレファント=えれぴょん=小野恵令奈
百獣の王ライオンを模した衣装の松原夏海
ペンギンというよりその佇まいは皇帝ペンギン、つまりペンギンの王様早野薫
ビールシェアNo1、つまり王、キリンを被り続けて早3ヶ月の小林香菜(イニシャルはK.KでKirinというKに恵まれた娘)
ノーライフキングのドラキュラを自任していた梅田彩佳。
以上のようにチームKの王属性率は非常に高い。
そして、そんなチームKのチームKingのなかには実は1人だけ王、真の王。正真正銘王の位をもった娘がいる。
そのチームKの真打といえば…

ゲンキングこと宮澤佐江。

ゲンキングを辞書で引いてみると。ない…。
そう。この言葉は宮澤佐江さんの造語である。
ゲンキングとは、日本語の元気と英語の王を意味するKingとが合致してできた日本語だ。
元気王とは言わずゲンキングと自身を称する宮澤佐江は、すでに王のごとく英才である。

そう。
現代にはまだ王がいたのだ。
日本にもまだ王がいたのだ。
その名はゲンキングこと宮澤佐江。

一本足打法ではないが、とにもかくにも元気のキング、ゲンキングを見れば必ずや自民党政権も近いうちに宮澤佐江に譲渡されるだろう。(んで宮澤内閣。なんちて…)
否。
ゲンキングを見れば、そのボーイッシュな長身から大量の元気を分けてもらえるだろう。
ファイト一発宮澤佐江である。



宮澤佐江(さえ~)<旧プロフィール画像はこちら>
060502_2025~0001.jpg


AKB48,チームK所属。1990年8月13日生まれの16歳。身長165cm、上からB80 W65 H85。東京都出身。血液型は不明。趣味は歌と手紙を書くこととなっている。星座は獅子座。

最近は秋元才加より身長が上なように見えるのは私の勘違いだろうか?…そうか幻覚か。いやたぶん今AKB48で一番高いですよ。

私の主観のみがソースのぼやきから始めてしまって申し訳ない。

宮澤佐江さん16歳。
自称:チームK元気の源
自称:ゲンキング
自称:みんなを元気にさせたい
小林香菜談:いい匂いがする
河西智美談:愛用のタオルケットのような存在
そんな元気と切っても切り離せないのが宮澤佐江さんなのです。
いや、小林さんと河西さんの意見は無視の方向で(というより、我々ファンは到底確認し得ない事柄ですからねー…)。

元気があればなんでもできる、というプロレス用語がありますが、まさに元気の塊、歩く元気玉、ゲンキング宮澤佐江さん。
コラーゲンキと駄洒落を言ったのは小林香菜さん(余談)。
チームKでは小野恵令奈さんも元気を売りにした「いつも元気の12歳」という自己紹介をしていますが、これをJAROに言ったら誤解を招く表現と是正をもとめられるかもしれません。何度か体調が良くなさそうな場面があったり、途中ではけてしまうこともあったりなので(ただしキラキラパワーを出しているということに関しては嘘偽りがいっさい含まれてないので問題なし)。
しかし宮澤佐江さんの元気、ゲンキングは今のところすべて有言実行されています。
魔のお台場イベントを五体満足で生き残ったのは宮澤佐江さんと秋元才加さん増田有華さんの3人だけです。
そして、上の言葉のとおり、舞台の上ではなんでもできてしまう宮澤佐江さん。
スマートな長身が織り成すダンスシーン。それはボーイッシュな顔立ちも手伝ってか、宝塚のトップスターのごとく光彩をふりまいていて。
圧倒的にメインのポジションで歌うことが多くて。
MCでも積極的に他の娘にからんでいく。
日本語はだめ。…あ、余計なことを…
とにかく、舞台でとても映えるボーイッシュ少女、それが宮澤佐江さんなのです。

楽屋でもとても元気なようで増田有華さんも「暗い気分のときに佐江のほうから『どうしたのー』と元気をわけてくれます」と言ったり、他のメンバーも楽屋での元気ぶりをMCで話すことが多々あります(か、いい匂いがすると小林香菜さんだけが言ってます)。
最近出待ちをした時に見た光景でも、すごくハイテンションの宮澤佐江さんが増田有華さんの手を引きながら車に一緒に乗り込んでました。
増田有華さんは顔では困った表情をしつつも思いっきり笑っていて、あー本当に元気をふりまいているのだなー、と実感したものです。

さて。
宮澤佐江さんの元気とボーイッシュがいかに素晴らしいかを語ったところで。
以降は、かなり独断が混ざっているので、読むに値しないかもしれませんが一応書きます。
宮澤佐江さんにわたくしアンチ人間が勝手にキャッチフレーズするなら
『チームKの良心にしてチームKの乙女心』です。
私はどうしても宮澤佐江さんが、ボーイッシュキャラが売りの佐江さんではありますが、一番乙女心を持っているのではないかと思っている、わけなんですよ。
主にMC中なのですが、ときおり見せる表情やしぐさは、あまりにも女の子っぽくて、乙女やなー、と一人感嘆してしまう私がいます。
ただ、この乙女な宮澤佐江さんをうまく言葉で説明することができません。
普段から正確にメモをとっているわけでもなく、微妙なしぐさや立ち振る舞いを見て勝手に『乙女』さを感じているので、本当に私の幻想、妄想のたぐいなのかもしれません。
しかし。
ひとつだけ、宮澤佐江チームK最乙女論を裏付ける資料が存在する。
それは、まだチームKがKチームだったころの話。
お披露目公演時には無料で配られていたでおなじみのKチームリーフレットである。

このリーフレット内にはメンバープロフィールのほかに、メンバーがまだ幼い頃の、赤子同然の頃の写真が載っております。そしてその写真の横にファンの方へのメッセージが書かれております。
このファンへのメッセージ。17人分あるのですが偶然か、必然か。チームKの大黒柱、長身2人組、秋元才加さんと宮澤佐江さんの文字数がダントツに多いのです。
特に秋元才加さんは200文字を超えてます。
ここから先はせっかくなので秋元才加さんの文と宮澤佐江さんの文とを比較してみます。
20060918074200.jpg


まず、秋元才加さんの総文字数が234文字に対して宮澤佐江さんは175文字(句読点含む)。
うち文字以外の記号の使用率を求めると秋元才加さんが7.2649572%に対して宮澤佐江さんが6.8571428%です。
四捨五入すると両者とも互角。
しかしこれに絵文字、ハートや星印を除いたニコニコマークみたいなのに限定すると、秋元才加さんが2.5641025%に対して宮澤佐江さんは2.2857142%。
ここまでではすべて秋元才加さんが勝っている。
しかし、バリエーションとなると別だ。秋元才加さんが使用している文字以外の記号は☆★♡変な星ニコニコマークの5種類。
一方宮澤佐江さんは☆♡変な星♪ニコニコマークハウスマークニコニコが手を振っているマーク、と7種類なのである。
これで大分伝わったと思う。
175文字の中で、7種類の記号を使い、とてもキューティクルに我々に訴えてくる宮澤佐江さんの文。
それはまぎれもない乙女の文章なのです。実に読みやすくて素晴らしい。
はっきりいおう。
上に書いた薀蓄は、リーフレットを一目見れば伝わることを意味もなく複雑に表現しているだけだ。
なので、どうか宮澤佐江さんに興味がある人は、必ずといっていい。Kチームリーフレットを読むことをお勧めする。

AKB48,チームK。
100回公演を迎えた際にみせた彼女の涙。それは実は乙女な少女がみせた元気な涙。
必ずやそのピュアな元気をもってすれば、芸能界はもとより、多くの人から必要とされる人間になることでしょう。


miyazawaegao.jpg

Boyish girl be ambitious!


【“宮澤佐江についての考察。そしてさえへの地球のみんな、いや秋葉原の乙女、おらに元気を分けてくれ!”の続きを読む】

テーマ:どうでもいいこと。 - ジャンル:日記

  1. 2006/09/18(月) 07:19:05|
  2. チームKメンバー考察シリーズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

9月19日 東京ノイズ告知

よりたくさんの人に来てもらいたいライブです。
新進気鋭大集合!

9月19日(火) 開場18:30 開演19:00 中野スタジオTWL 前売1000円 当日1200円

出演

緑LOVE
アンチ人間(AKB) 
黒船ダンジ
ぐるぐるぽーん 
HEY!たくちゃん 
岬のワルツ 
ランプアップ 
ロリィタ族。(ZOXY DOLL)
おーたに 
クルクルキューティクル
アルコ&ピース

MC,岬のワルツ
ゲスト:モダンタイムス


チケットは置きチケにできるので、もしよろしければメッセージください。
良性のお勧めライブです。ぜひ

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

  1. 2006/09/14(木) 23:05:13|
  2. お笑い
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。