アンチ人間再来週からがんばる日記はじめるピョン

アンチ人間(お笑い芸人)の妄言にあふれた日記+レビューです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

携帯2ショット券の正体見たり…

*始めに

以下の長々しい駄文を読む気がない、あるいはえれぴょんのこと以外知りたくないという人用に、結論だけを一番下の『続きを読む』のところに書いてます。お忙しいであろう皆様はこちらだけご覧ください。



「幽霊の正体見たり枯れ尾花」とは確かことわざでいいのでしたっけ?

実体を確かめてみると案外平凡なものである、という意味らしいです(大辞林より)

さて、
レポを書いてみようと思います。
というより、また書く義務が発生したのです。
それほどのえれぴょん事変がおこったのです。
っていうよりー、ねー、…わたくし的えれぴょん史においてはTOP3に入るかもしれぬほどの出来事が昨日あったので…




「3月26日、ガチャガチャ」

なるものをまさか大人になってからこんなにやるとは想像も付きませんでした。
想像のつかなかった今のわが人生。
…いや、アイドル好きはやめないのだろうなー、とは漠然とわかってはいましたが、前回のバレンタイン前に発売されたガチャ以来、わたくしはまたガチャにチャレンジすることになったのです。

・前回のガチャ景品「バレンタインにチョコをもらえる券」のレポは→こちら


ちなみに26日27日に販売されたガチャの景品は、

お好きなメンバーと携帯2ショット写真 40本       
お好きなメンバーとガチンコババ抜き対決     

お持ちいただいた私物にサイン券(Tシャツ可)

2ショットポラ、3ショットポラ

お好きなメンバーがあなたの似顔絵を描いてくれる券(全部で2本?)

全員のサインをもらえる券

各々メンバーの企画した券(オムレツに字をかいてくれる、アイスを作ってくれる、なんでも悩みを聞きます券、肩もみ券、ダジャレ7連発、きらきらにしてあげる券等々)



劇場公演がひさしく行われていない故か、メンバーと触れ合える券が多数入れられた今回のガチャガチャ。
当然に当たりをどうしても出したくなるわけで…
金のない芸人なのに60個カプセルを買わせていただきました…
私が得た当たりは1つ…
お好きなメンバーと携帯2ショット写真

その日の夜、わたしのより写メの性能がいい携帯を持っている弟に土下座して借りることに成功しました。
ヲタ活動にプライドなぞいらん!


『3月27日』


27日は久しぶりに活気のあるカフェスペースであった。

私は18時20分頃に到着した。
まだガチャの販売も終わっておらずイベントも開始されていなかったのでトイレに。
…とそこで振動音。

む!きたか!
とすぐさま携帯電話を開いてみる。
そこには、見たことがあるような、うーん確か芸人かスタッフさん?の番号だったような…
ったくこのタイミングでかけてくるとは、いったいだれだろう?
(通話)←ボタンを押しました

アンチ人間「どーもお疲れ様です」

???「もしもしー、小野恵令奈(オノエレナ)ですー」

アンチ人間「いや、それはない!えれぴょんが私の携帯にかけてくるわけがない!」

???「えー、えれなですよー♥」


さてここで問題でございます。
上記の???とはだれでしょう?

以下よりお選びください!

1.小野恵令奈10009044298_s.jpg      2.小野田少尉Onoda1974.jpg


正解は、
全部アンチ人間の妄想でございました…
atchottode.jpg「ぼ、ぼ、ぼくのえれぴょ~ん!」

と、夢オチのようなしょっぱいボケをしてしまって申し訳ない。

まあ電話のことは、詳しくは公式ブログのホワイトデーサプライズ企画の記事を参照されたし。

まあようするに、チョコを買って応募したらえれぴょんが電話をかけてくれるのに当たったということでございまして。
上の会話は一応に本当の会話の一部なのでございます。

しかし、普通なら劇場の電話か、もしくは非通知でかけてくるものとばかり思っていたので完全に不意を打たれた形での電話だったので正気になるまで時間がかかりました。
時間3分29秒の会話でした。
なんてことない日常会話だったのですが、芸人ゆえ最後に1ボケだけ言わせてもらいました。
「じゃあ今から突撃するから!」(わかる人だけでいいです)


このあと直接会うのに電話で話したところでねー。まあ、まあ、そりゃ電話で話すのはうれしいけど、実際に会って話すのより声が低くてちょっと印象が違ったという、のが一番の収穫ですかね。

しかしまあ頬が緩みまくってしまったアンチ人間。
なんとか歯を食い縛って、電波のような振る舞いはしないように気をつけながら熱気にあふれるカフェスペースに戻る。

そして、18時40分頃から呼び込みが始まる。
まずは2ショット、3ショットのポラロイドの人から入場を促され始め、次に携帯写真の人が呼ばれるという順番。

劇場内から吐き出されてくるファンの人たちは、やはりどう見てもあたりまえではあるのですが…とんでもなく笑顔である!

当たりのチケットを持って劇場入り口付近をウロウロしていると、支配人こと戸賀崎さんが
「今、小野と河西とたかみな空いてますよー」
と、2ショットを希望する人がその時点でいないメンバーの名を上げて携帯写真券をもっている人を募り始めた(しかしまあ、あの一瞬とはいえこの人気メン3人が暇な瞬間が存在していたのですね)。

まだイベントが始まって10分くらいではあったが、まあさっさと先に済ませてあとはみんなと談笑していればいいか、と思うや否やすぐ戸賀崎さんに「すいません、小野さんで」と申請。
「小野ですか?(劇場内に向かって)はい小野ー!…どうぞお入りください」
とすぐに劇場内へ。


『27日、劇場内での携帯2ショット撮影』


「わー」「わー」
と手を振って、向こうも振ってくれて、小野恵令奈嬢と久しぶりのご対面。
公演もないから17日ぶりの生えれぴょん!

なんか、劇場内に入ったら思わず「ただいま」と言いたくなったのは私だけではないのでは?

久しぶりの劇場内で、久しぶりのえれぴょんと、久しぶりの2ショット。(前回の2ショットはスカヒラBOXの2006年6月13日)

黒でシックに統一された私服?のえれぴょんに案内されながらステージ前のスペースに。
A,Kメンバー入り混じりながら、あちこちで2ショットが行われている風景はここが普段公演が行われている劇場であることを忘れてしまうほど、メンバーとファンの距離が近いこと近いこと。


かくゆう私の隣にも小野恵令奈さんがいるんですからね(テヘ)
ま、すぐ前には警備スタッフがいますけどね(ガク)

えれぴょんと向かい合い、えれぴょんが「じゃあ撮りますか」と言ってきました。
そこで。
あ、そうだ、だめかもしれないけどえれぴょんにアンチ人間のチラシを持ってもらって、スタッフの人に2ショットを撮ってもらおう、と決意し床に置いておいたバックに手をかけて中をあさっていると
「じゃ、ご自分でとってください」
ん?
ピタリ、とバックを漁る中腰姿勢で止まるわたくしコトアンチ人間。
顔をあげてその中年の警備スタッフの顔を見ると、どうぞといわんばかりに右手で私を促しています。

ん?
と、いちおうもう一回頭の上に疑問符を浮かべておく。
「自分で撮って大丈夫ですよ」

ん?
この人は何を言っているのだろう?
この人は日本語を話しているのだろうか?
自分で撮るというのは、どういうのですか?
まさか、自分で手を伸ばして、携帯のレンズを己に向けて「カシャリ」と写真を撮れということなんですか?

…と、おそらくあの時も上記したくらいの数の?マークを浮かべたはずである。

それほどまでに、私にとっては想定外の言葉であり、しかも自分で撮るの意味がまるで本当にその時はよくわからなかったのです。
しかし、
しかし!
直後に馬鹿な私にもわかる解答を与えてくれたのが…、そうえれぴょんだったわけなんですよ。

隣にいる娘は、いつも元気な13歳の小野恵令奈さん。
その娘がほんの半歩、私に近づいてきたらどうなるのでしょう?

なんと小野恵令奈さんが私に、体の側面を密着寸前まで接近させてきて、あげくお顔まで近づけてきたのです!

(「あー、ようするにあれか。こう腕を伸ばして携帯を構えても密着しないと2ショットとしてちゃんと写らないから、だからつまりやっぱりこうやってボクが撮るんだからえれぴょんはこんくらい寄らなきゃ撮れないから近づいてくれたわけでだからつまりやっぱりこれって、rfakrふぁffherfりはおいえrghたbりー」)

近い!

近い近い!
ちょっ、ちかー!
刑事が自白を強要するときにライトを顔面に押し付けようとするのと同じくらい、近い近い!

えれぴょん超接近!
眼前目前のえれぴょん!


ってかなんじゃこりゃーーーーー!



というわけで。
暴走モード失礼しました。
そうなんです。近いのです。近かったのです。
えれぴょんこと小野恵令奈さんがまさに目の前を通り越して、密着寸前の距離に腕、肩、黒髪、頬、があったのでございます…。

「じゃあ撮ろうかー?」と携帯のレンズを構えた私は、心中穏やかでないとはまさにこのこととばかりに大混乱。
いったい私が今1番がんばらなければいけないことは、ちゃんと写メをとることなのか、えれぴょんがすぐ隣にいるという状況を楽しむべきなのか、ってか生まれて初めて自分撮りをやる相手がえれぴょんであるという奇跡に感謝するべきなのか…。

・・・その大混乱の影響もあってか、あと今まで自分撮りをしたことのない私は3回も撮影に失敗してしまった。
情けない…
でも、失敗すればするほどえれぴょんのそばにいれるという、無間地獄ならぬ無限天国状態。
「ごめんねー」「いえいえー」
みたいな感じで…
至福の失敗を重ねること3回。
見かねたスタッフが2ショットを撮ることになり、普通にポーズをとってパチリ。
…スタッフの指がレンズにかぶっていて、もう一回パチリ。

というわけで。
計5回携帯写真を撮ったんですよ、隣にえれぴょんがいる状況で。
うち3枚は、超接近。
火星が6万年ぶりに大接近する日を完全に無視していたアンチ人間ですが、はたして、小野恵令奈がアンチ人間に大接近するのは何10億光年ぶりなのだろうか?(←このボケは自分でも意味がわからないです)


撮り終わり扉のとこまで一緒に歩いて私が「映画とか声優とかがんばってね」といい、元気に「ハイ、ありがとうございます」と返してくれるえれぴょん。
「あ、そうだ」
と、当初どうせスタッフが撮るからせめて何かえれぴょんに持ってもらってオリジナル性のある写メにしようとして持ってきていたアンチ人間チラシがあるのを思い出して、別にコピーなのであげることにした。
「うわー、これ誰が書いたんですか?」
「知り合いの漫画家が…」
なんてことしていたらスタッフよりとっとと去れコールが入ったので「じゃあまた次の公演来るね!」とSTKばりのキモ台詞を吐きながら手を振ってお別れ。


劇場の外に出て、一人になって、一言。
「近かったなー!」

そんな感じの3月27日の携帯2ショットのレポでございました。
長々と失礼します。


PS,あの日、あまりにもたかまり過ぎていてテンションがおかしくなっていた私が実演するえれぴょんとの2ショットの近さ、の話を聞かされた皆様、本当にすいません。さぞかし、うざかったと思います。ここに今謝意の気持ちをこめて一言「近かったよー!」

【“携帯2ショット券の正体見たり…”の続きを読む】
スポンサーサイト

テーマ:AKB48(秋葉原48) - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2007/03/28(水) 17:50:11|
  2. 小野恵令奈
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

新ユニットが歌を担当するスカルマンとは?

新ユニット「Chocolove from AKB48」始動!

チームAの中西里菜、チームKの秋元才加および宮澤佐江が、4月スタートのフジテレビ系アニメ「スカルマン」エンディングテーマ曲である「明日は明日の君が生まれる」で、ユニットとしての活動を開始することになりました。



とうとうユニットとしての活動も本格的に始まったAKB48。
チームの隔たりを無視して、理想のユニットを世に送り出していけばやがてはスーパーアイドルユニットとしてスターになるメンバーがうまれるかもしれません。

さて。
たまたまなんですが、今日東京アニメフェアなるイベントに行ってきました。
そしたら…
そのスカルマンとやらがいたので(本当にいたんです!)、思わず「かっこいいなー」と写真を撮って家に帰ってからAKBブログを見たので、せっかくなのでスカルマンさんをのせておきます。

20070324211828.jpg

20070324211907.jpg

テーマ:ヲタクのメモ - ジャンル:日記

  1. 2007/03/24(土) 21:20:28|
  2. AKB48
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

AKB48in厚生年金会館。まあもう後ろでも楽しかったですよ…

10日はAKBの厚生年金会館コンサート。

2時間半でまあお腹いっぱいというか、もう全部やったれー、みたいなノリ?もといAKBクオリティ?は自分は好きです。
後先考えるのは、後先終わった後でいいんです。
やって後悔でいいじゃないですか。
ま、そんな感じで観覧してたのでどこが良くてどこがだめってのはあまり感じなかった。

ただ。
私は、渡邊志穂が泣いて嫌がる、嫌で嫌でしょうがない、もはや芸能生活絶たれる=チームB加入、そんなチームBを応援していく気満々な私は、あのしほちゃんスピーチに対してはある意味爆笑するしかありませんでした。
うん。AKBにおいてチームBより下はないのだ。ならば盛り上げて這い上がるまでですbyチームBヲタより…

握手会も当然えれぴょんで。
握手を終えた後なぜか、かなちゃんだけ手を振ってくれた!
思わず立ち止まり「うぇ、かなちゃん何で?」と言い、係員いなかったので立ち止まったまま一言二言小林香菜女史と会話。
やたー

そんなAKBコンサート。

そーいえばー
東京パセリライブの同じメンバーであるブルームフラワーさんが関係者席で入っていた。
ロビーで偶然会い、「あ、本当にいた」と言われますた…
そりゃいるさ。
こちとらこっちが本業なんだから!
いいなー、関係者入場。しかも握手会の列にもいたし。関係者で入れるようにがんがりたいです。

PS.
えれヲタ総会ギザタノシスでした。
ぴょんのお小遣いが月3万円の話はすごい盛り上がりました。
「毎月、任天堂wii買える中学生ってなんだよ!」と言ってみたり。ま、そのうちあの娘は稼ぎまくりますよ。

飲んだ飲んだ飲んだ。

家に帰って吐しゃった、吐しゃった…

んで「邪魔だ」と家族に蹴られる。

・・・・

「おれの本当の家族は、えれぴょんだけだー!」

テーマ:AKB48(秋葉原48) - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2007/03/12(月) 14:20:03|
  2. AKB48
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

24歳は、13歳からチョコを貰う(小野恵令奈さんからバレンタインチョコを貰ったレポ)

もはやAKB48の名物と言ってもいいガチャガチャ、ことぼったくり。
真黒なカプセルの中には、2ショットポラを撮れる券や1巡目に入場できる券など魅力的なプラチナティケットがランダムに投入されている。
1回300円のそのガチャマシーンに一度手をかけたなら、それは当たりを引くまでやめないということと同義。
回して、回して、回して。300円はやがて3万円に、なんてことはざら。
でも、回している瞬間は幸福なのでいいじゃないですか。

さて、私の場合はお金がないのでいったん3回だけやって、900円分だけやってガチャガチャの列を離れた。
カプセルを開けてみるとそこには当たりの文字と共に

『バレンタインにチョコを貰える券』

324740312_49.jpg


というわけで。
生まれて初めて2月14日を待ちわびることになった、わけなんですよ。
わたくしアンチ人間は去年の4月4日からの小野恵令奈ファン。
ということは、今年は13歳からチョコを貰うことが、この券を手に入れた時点で確定したわけなのです。
「手作りー!手作りー!手作りー!」と、誰もいない4畳半でコールしまくってました。誰もいない4畳半で1人「キュフフフフフフフフフフフフ」と電波ユンユンでございました。

2007年2月14日。
そして運命のその日がやってきた。
そして私はインフルエンザ…
どんなオチやねん!と、人生で始めての聖バレンタイン(冠に聖がついているようなくらい神聖な)だったのに…

「チョーコー、チョーコー!母ちゃんえれぴょんのチョコが食いてえよー」

と、だだをこねていた14日の夜の布団の中…

「待っててね、えれぴょん。早く元気になって劇場に駆けつけるから! 」
と、キモイ台詞を吐いたかどうかは、たとい言っていたとしてもそれはタミフルのせいなので許してください。
(もし無理して劇場に行っていたら、間違いなくドンキの8階から飛び降りていたでしょう…。ま、人生の終わり方としては幸せでしょうが)

なので2月の17日にチョコを受け取りに行ってきました。
扉を開けた瞬間、目の前にいた小野恵令奈さんはなんと、アンコール時のえれぴょんの衣装のズボンにひっついているフワフワモコモコサンバイザーを頭につけての登場!
文句なしの、一点の曇りのない『キザかわゆす』でございました。
あのふわふわサンバイザーとえれぴょんのコラボレーションは、たとい彦摩呂でも言葉で例えることは不可能であろう…

まずチョコを受け取りまして、その日最後の曲でえれぴょんが泣いていた理由とか聞きつつ(アンコールで感動してだそうです)、今日の公演はよかったねー、みたいなこと言ってバイバイ。あんまり話さなかったなー。
あ、でも最後に向こうから手を差し伸べてくれて握手できました。
過去2回くらい、あのMVPの時ですら握手を忘れた私ですから、今回も全然する気なかったので向こうから手を出してくれたのは本当にうれしかったです。
イウェーイ!


んでチョコチョコ。
チョコは、
20070306032404.jpg


手作りではなかった(当たり前か)
ま、でも見た目立派なもので大変かわゆすでありまして。
さらにはメッセージカードもついてて…
いやーいいもんもらいました。

そして!
これで私は死ぬ前にこう言うことができます

「わしは13歳からチョコをもらったことのある人生だったぞ…」

テーマ:AKB48(秋葉原48) - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2007/03/06(火) 03:15:04|
  2. 小野恵令奈
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。