アンチ人間再来週からがんばる日記はじめるピョン

アンチ人間(お笑い芸人)の妄言にあふれた日記+レビューです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

社会派日記:過剰パンチラの現状…

日テレの炭谷アナの盗撮事件が波紋を呼んでいる中、今この時期にこの記事を書くことは非常に勇気のいることであった。

しかし。私は芸人である前にジャーナリストだ。

批判を恐れて、凶弾を恐れて筆を置くようなマネはできない。
私は、私の言論によってできることをただやるだけである…。



人間は人間である前に哺乳類である。
哺乳類であり、生物だ。

地上に生きるものすべてに必要なものといえば、


空気
パンチラ

この3つであることは、小学校低学年で習うことなので周知の事実であろう。
常識とはまさにこのことだ。

しかし水、空気はなくなったらすぐに生命維持に支障をきたしてしまうものであるが、パンチラ、に関してはすぐに死ぬわけでもなく、その存在が軽視されてきたことは否めない。

それがここにきて炭谷アナウンサー盗撮事件の発覚によって表面化された。
どんなに女子高生のスカートが短くなっても、どんなにギャルの流行がミニスカになっても、どんなにワカメちゃんが毎週頑張ってパンチラしてても、流行世の中にパンチラが不足していたのは揺るぎない事実であった(ワカメちゃんに関して、あれはパンモロだろ、という意見に関しては黙殺させてもらいます。ジャーナリストと自称しているのに黙殺します)。

この由々しき事態に国は何をやっているのだ?という指摘もあるでしょう。
いつも国は後手後手に回って、現実に迫っている問題を後回しにしている。
しかし、国も今回ばかりは看過できないと考えたようで比較的迅速に対策に乗り込みました。
それが秋葉原地区の再開発です。

電気の街として戦後親しまれてきた秋葉原もここ10年くらいで劇的な変化の過程を経た。
今や秋葉原は電気の街ではなく、アニメコンテンツ、漫画コンテンツ、ゲームコンテンツに端を発する、いわゆる『萌え』の街となった。
特に2005年放送のドラマ『電車男』のヒットによって、ヲタクの街として広く世間に認知されるようになった。

ここ10年だけを考えれば、秋葉原という地名はもっとも知名度が急成長した地名であろう。
そしてその秋葉原も駅前を中心に再開発が進んできました。
コンセプトは日本のIT発信都市。
秋葉原駅の前には秋葉原ダイビルと秋葉原UDXが未来都市を思わせる様相で立ち並んでいます。


そしてもう一つ、日本政府が実験段階で再開発を行ったプロジェクトがAKB48なのです。
コンセプト日本のパンチラの減少を止めること。
そしてパンチラ発信都市となること。

少子化問題と同等のパンチラ不足問題を国が見過ごすわけがなく、秋葉原の秋葉原ダイビル、秋葉原UDX、ヨドバシカメラに次ぐビッグビル、ドンキホーテ秋葉原店の8階にAKB48劇場を設営したのであった。


AKB48では『スカートひらり』という6月7日にシングルで発売される曲がある。
この曲の中で少女たちは、その身にまとったスカートを楽曲タイトルのごとくひらひらと、フワフワと靡かせて…。
パンチラをしているのです。
それは確かに見せパンではありますが、ブルマのような見せパンではありますが、まぎれもない正真正銘のパンチラなのです。

今やAKB48のおかげで我々は安全にパンチラを見ることができるようになったのです。
良い時代になったものです。

しかしこれに対しては反面デメリットもあるように思われます。
安全に見れるパンチラに、安易に見れるパンチラに、なんの価値があろう…。
お笑い男の星座からの孫引きになるが、漫画家の花くまゆうさく氏の言葉に「現在のプロレスが『誰でも安全に楽しめるテーマパーク』だとしたら、あの頃こそ『管理の杜撰なサファリ・パーク』だ」と昭和の新日を評した言葉があるが、これに近いものをAKB48に感じる人は、特に昔を知る人には多いのではないか?

だが。
そういった不満を感じた人にはとにかくAKB48に、テーマパークにいってもらうことを勧めるしかない。
なるほど。確かにそこはテーマパークだ。
お決まりのOPにお決まりのED。
そして『スカート、ひらり』でのお決まりのパンチラ。
しかしよく見てほしい。
紺のブルマ、いわゆる見せパンであるのはスカートひらりの時だけなのである…。
よく見てほしい。
舞台を良く見てほしい。
そしてそこに何が見えるのか確かめてほしい。
白い布が夜空を駆け巡る流れ星のごとく、瞬きながら輝いている様を確かめてほしい。

以上が私から言えることだ。
むしろ。
AKB48は過剰パンチラの状況にあるようにすら思える。
お約束のパンチラから不測のパンチラ、ファンの目を引こうと確信的におこるパンチラ…。
しかし、日本でパンチラを供給できる場所が秋葉原のAKB48にしかないのも事実である。
AKB48が、今、日本の中心になろうとしている時期なのかもしれない。

               ジャーナリスト:アンチ人間

スカート、ひらり スカート、ひらり
AKB48 (2006/06/07)
インディペンデントレーベル
この商品の詳細を見る

AKB48にガチンコのパンチラは確かに存在する。
まだ見た人の数は少ないがそれは確かに存在する。

想像してほしい。
出番前の衣装チェンジ。
他のメンバーは手際よく済ませる中、自分だけもたついてしまった時のその娘のあせり…。
それが思わぬ失態に繋がってしまうこともあろう。
見た目には他のメンバーと遜色ないが、スカート中身は…


こんなこと聞いたらねー。
毎日行くしかないじゃないか…

(ブルマをはき忘れた娘は確かに存在する、とだけ言っておこう)

なお、Kチームメンバーの考察シリーズもよろしくお願いします。

増田有華
小野恵令奈
早野薫
大堀恵
大島優子
高田彩奈
松原夏海
小林香菜
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 2006/05/21(日) 04:41:21|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

コメント

AKB48のパンチラ好きです。
私は、ハプニング見たいです(^^)
  1. 2007/05/05(土) 02:52:54 |
  2. URL |
  3. パンチラオウ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://antihuman.blog10.fc2.com/tb.php/134-e24a7604
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。