アンチ人間再来週からがんばる日記はじめるピョン

アンチ人間(お笑い芸人)の妄言にあふれた日記+レビューです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

主体的真理

<トリビア>

デンマークの思想家で実存主義の先駆者であるキェルケゴールは、
1837年5月、14歳の少女レギーネ=オルセンと出会い恋をして、3年後に結婚した。

そして代表的著書『死に至る病』のなかで次のような記述を見出せる。

「ロリは長所であろうか、それとも短所であろうか?弁証法的に、ロリはその両方である」
「(幼児性愛)・・・・この病に注意しているということが、ロリスト者が自然のままの人間よりもすぐれている長所なのである。この病から癒されることが、ロリスト者の至福なのである」

・・・・・

                     だって。

引用(桝田啓三郎約『世界の名著40』中央公論社)


どーも。アンチ人間です。
上記のとおり、私とキェルケゴールには共通点があることが証明された。
私はまたひとつ真理に近づいたわけだ。
『死に至る病』。・・・。

キチガイは死ねってか。


                    今日は1ボケで終わりです。
スポンサーサイト
  1. 2005/05/25(水) 01:46:23|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://antihuman.blog10.fc2.com/tb.php/15-c8c1fce0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。