アンチ人間再来週からがんばる日記はじめるピョン

アンチ人間(お笑い芸人)の妄言にあふれた日記+レビューです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

小林香菜についての考察。そしてかなへのサングラスと出っ歯と朝ズバと大事な大事なアタックチャンスとかつらをプレゼント

「夏休みじゃなくて夏海(人名)休みだね」
「キリンとかけて黄色です」
「電池を抜いておきましょう」
「じゃあ夏夏休みだね」
「皆さん、パンプキンスープわかります?」
「ピーチ味ってピーチですよね?」
「日本語人は漢字だね」
「ちっちゃい字のほう?小説っていうんだよ」
「こ動物みたいですよねー」
「コラーゲンキ」




以上は小林香菜語録。

小林香菜(かなー、かぁち)15歳


私の手帳の後ろにメモがあるのですが、最近はえれぴょんより小林香菜さんの名言を書きとめておくことが増えた。
以上は、そのメモの中にあった名言集。本当に笑った小林香菜さんの言葉たち。
それほどまでに私をひきつける小林香菜さんは、圧倒的におもしろい。

10009044336_s.jpg



AKB48、現段階で36名。
MCがおもしろい娘は何人かいるが、一番おもしろいのは小林香菜さんと確信している(あくまで現段階ということで)。
名前をあげるのが失礼なのは重々承知だが、あえて仮にもカス芸人、アンチ人間という立場からということで比較をしてみたいと思う。
MC等で毎回笑いを狙ってくる、笑いをとりにきていると感じるメンバーは篠田麻里子さん、星野みちるさん、大江朝美さん、野呂佳代さん高田彩奈さん、そして小林香菜さんだと思います。
篠田さんはファンのストライクゾーンを仮定してど真ん中にストレートを投げるボケ。
星野さんは不思議ちゃんキャラでありながら、きちんとわかりやすい隙を作っており突っ込みやすいボケ。
大江さんはとにかくハイテンション弾丸トークで空気ごと笑いにもっていくボケ。
野呂さんは篠田さんとは違う、例えていうならキャッチボールのような、ファンのほしいところにちょうどいい球をほおるボケ。
高田さんは自分が話せるトーク種の中から、他メンとは絶対に被らない自分オリジナルの世界観を前面に出すボケ。
小林さんは………

…わからない。分析不能。思考混沌。小林香菜。 わけなんですよ。
とにかくすごい。
ハイテンションで乗り切り型というわけでもなく、シュール空気はだしつつも不思議ちゃんではなく、言葉遊びもするけどハイセンスというわけではなく、暴走するわけでもなく。
とにかく好きとか言っておきながら、まだ全然理解していないのが本音である。
がゆえかメジャーデビュー曲の、『会いたかった』選抜メンバーにも選ばれている(もちろん可愛いからでもあります)。
はっきり言って、しつこいようですが現段階という前置きのもとに断言するのは、商業的に一番面白いのは小林香菜さんです。
とくに、今の状態でテレビに出たときは高確率でブレイクを予感させます(その場合ハロモニのようなメンバーだけのよりも、芸人とからむような番組がベストかと。絶対にほっておきませんから)。


ミクシのプロフィールにも小林香菜さんを2推しと書いていますが、前回の小林香菜考察が今年の5月頃(『小林香菜についての考察。そしてかぁちへのときめき』)。
それから何公演も観てきましたが、セカンドステージ、いわゆる青春ガールズ公演。
この青春ガールズ公演になってから小林香菜さんブームが私の中に訪れた。
青春ガールズ公演については以前ブログにも書いたが(→以前の記事はこちら)、楽曲的なことはこのさいどうでもいい。
『雨の動物園』という曲のあと、雨の動物園に出ている奥真奈美さん、小野恵令奈さん、小林香菜さん、早野薫さん、今井優さんによるMCタイムがある。
そしてこのMCの司会進行があろうことか小林香菜さんなのである。
あまりにも常人離れした小林香菜という女の子に常識的判断で場を仕切る司会者ができるのか?
できるの香菜?

できるのですよー。と言ってもできているという見解には反論もあるのかもしれませんが。
そもそも、最初は儀礼的で棒読み口調でフォローもあまりなくて。
MCのぐだぐだ感を楽しむコーナーかな、と思っていたのですがそれはわずかな間で、今では立派なMCっぷりです。
はっきり言ってMCができています。
基本の進行はもちろん、うまいふり、おいしいポジションをあげようとするふり、年下メンバーへのフォロー、そしてお客を置いていく身内トークにならないようにするお客へのフォロー。
冗談抜きで、AKB48全体で大島優子さんの次に基本ができています。
恐るべき、15歳。小林香菜さん。

ただ。ただ。ただー!
ずれている。
ちょっとだけずれている。
ちょっとだけ普通じゃない。
ちょっと人よりずれているから、通じない場面が多々あるというそれだけなんです。


例えば最初に書いた香菜語録の「パンプキンスープってわかります?」
というのも、ファミレスで好きなものというトークテーマの際にカオリン?だかがパンプキンスープが好きと言ったのに対して香菜さんが言ったお客へのフォローです。
「(そうか、カオリンはパンプキンスープが好きなんだ。パンプキンはかぼちゃだよね、うんうん。あ、でもこのまま話を進めちゃって、もしお客さんがパンプキンスープを知らなかったら、せっかく盛り上げても内輪うけになっちゃうか。ちゃんとMCとしてフォローしないと)」
と、小林香菜さんが考えたかどうかは妄想なんで知りませんが。
でも悪気があって言っているわけではないですからねー。お客が「知ってるよ」と言いたくなる気もわかりますが…。

また上の香菜語録の「ちっちゃい字のほう?小説っていうんだよ」というもの。
トークテーマが『雨の日にすること』だったかで奥真奈美ちゃんが「本を読んだりしてます」と答えた際。ついでなのでやりとりを書いてみる。
奥真奈美「私は~、本を読んだりしてます」
小林香菜「へー。何読んでいるのー?」←うまい進行ですよね
奥真奈美「前にも言ったんですけどわかりません(笑)」
小林香菜「え、101匹ワンちゃんとかじゃなくて?」←トークを引き伸ばすうまい進行。さらに本当に読んでいた場合奥真奈美のキャラもひきたつ。
奥真奈美「ちがいます」
小林香菜「じゃああれ、ちっちゃい字のほう?それはねー、小説っていうんだよ」←ナイスフォロー…じゃないか…
(客席ざわざわ)
小林香菜「いや、マーちゃんちっちゃいから小説わかんないかなーと思ったから…」←香菜思考だと「(マーちゃん10歳だから絵本しか読んでないだろうなー。だから小説なんて難しいこと言ったらマーちゃんわかんないままトークが進んじゃうことになっちゃう。ちゃんとフォローしなが進めないと)」

ちゃんと進行やっているんです。でもずれているんです。
その時マーちゃんこと奥真奈美さんも「なめんな」みたいな目をしてましたが、とにかく悪気はないんです(妄想かもしれませんが)。
しかし、この『ずれ』は本当にすばらしい個性で、私は最高に面白いと思っています。
いわゆる『売れる』ずれかたです。
だって
「キリンとかけて黄色です」←並みの人間じゃ言えないですよ。
ということは、これが言えるという事=強烈な個性な、わけなんですよ。


これだけ小林香菜さんをヨイショするのにはわけがあります。
動物園MCコーナーにおいて、お客があまり笑っていないことがあります。 それがちと不満です。
香菜さんの棒読み口調にも多少原因があるとは思いますが、しかしもっと笑っていいはずなんです。
芸人視線で見ると、小林香菜MCは一見全部アドリブで相槌うっているようにみえますが、ふって、待って、おとす、を確実に実行している場面があります。
しかし、それが面白くないのか伝わっていないのか。お客が無反応な場面が多すぎます。
回りがシーンとしているのに私が大爆笑して、おれ電波?みたいな場面が何回もあります。
あえて、暴論であることを覚悟で、妄言でもあることを薄々実感しながら言わせてもらうなら
「チームKファンは小林香菜さんのMCでもっと笑え!」
ということ。
いやいや、と。面白いと感じないのに笑えないぞと。そういう意見もあるかもしれませんが、AKB48は、少なくとも劇場での公演では演者と客というよりも、共に作り上げていくもの、ですよね。
だったら、声援やコールも大事だとは思いますが、「笑う」ということもとても大事だと思います。
香菜さんが褒められて伸びるタイプなのか、叱られてのびるタイプなのか。わかりやすくいうと、ジャイアント馬場なのかアントニオ猪木なのか。
どっちのタイプなのかはわかりませんが、とにかく小林香菜さんがせっかくボケた時には声をだして笑ってあげてもいいと思います。
それは甘やかすとは違うと思うので。
少し前の自己紹介から、必ず駄洒落をいれてきてますが、まあ趣味に駄洒落があったみたいなんで好きだからというのもあるのでしょうが、私の見解では「お前ら(ファン)わしの珠玉のふりやボケが全然わからんよってに、ダジャレくらいレベルを落とせばお前らでもわかるんとちゃうか?」という当てつけなのではないか、という説をもっております。
あのダジャレに文句を言う前に(猫がねころんでました、コラーゲンを食べたからコラーゲンキにがんばります、佐江はさえてるねー等)小林香菜さんの言動をもっと注意深く見てみてください。
そう!
名司会者、小林香菜のことを…


と、ある友人に話したところ「全部お前の妄想だろ。本人そこまで考えてないよ、たぶん」
と、言われました。テヘ

506.jpg

スポンサーサイト

テーマ:ダメ人間日記 - ジャンル:日記

  1. 2006/09/21(木) 07:13:59|
  2. チームKメンバー考察シリーズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

コメント

やっぱり!

自分の小林香菜さんは面白いという意見の同士がいてすごくうれしかったので初めてで唐突ではありますがコメントさせていただきます。
私もあのMCでは毎回笑っていますよ!
  1. 2006/10/26(木) 00:04:07 |
  2. URL |
  3. satorare #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://antihuman.blog10.fc2.com/tb.php/161-c2adf466
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。