アンチ人間再来週からがんばる日記はじめるピョン

アンチ人間(お笑い芸人)の妄言にあふれた日記+レビューです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

番外編:レポ&ルポ、小野恵令奈さんと手紙と私。

えれぴょんへお手紙を手渡し、えれぴょんからお手紙を直接受け取る。
こんな夢のような話が本当にあるのか。妄想以外であり得るのか…。
あるんですよねー…。

小野恵令奈さん12歳(えれぴょん)レコード会社プロフ

というわけで、今回は、今までのようなわけのわからない自分よがりの考察だったり意見ではありません。
妄想の混じっていない、いわゆるレポートです。
好評なのか不評なのか、正直自分ではよくわかっていないアンチ人間ブログですが(増田有華さん考察では感動したという感想をいただきました)、今回はレポなので特に不快に思われる箇所はないように書きます(ライターの端くれとしても)。

ご存知の方もいるかもしれませんが、AKB48,チームKのメンバー名で検索するとこのブログが上位にあることが多いですよね。
特に小野恵令奈さんというワードに関しては、検索TOP10から落ちたことがありません。
このブログに『小野恵令奈』と検索してたどりついた人も多いと思います。
そうして、せっかく来ていただいた方々に興味のない珍文妄文、妄想ばかりなのもあれだと思ったので、勝手に義務だと思い込みレポをしてみることにしました。
それにレポなら、アンチ人間という芸人に興味がある人でも、その日アンチ人間がなにしてたのかわかるから、多少は読んでみる価値はあるかと。



『お手紙の返事をもらえる券についてのレポート。
つまりはえれぴょんからお手紙の返事をもらったレポ』


まず最初に、レポの手紙を受け取る日より以前を羅列しておきます。レポはえれぴょんからお手紙を受け取った日についてです。

1,ガチャガチャにて、一発でお気に入りのメンバー1人からあなたから頂いたお手紙のお返事を致します×○○本(お手紙の返事をもらえる券)を当てる。→ガチャガチャ景品について(公式ブログ)
2,はしゃぎつつえれぴょんへのお手紙を作成し、8月12日劇場窓口に提出に行く(この日はカフェサプライズのあった日。えれぴょんにガチャをまわしてもらってうきうきでした)
otegamihensin.jpg

3,劇場の係員から「それでは今日公演終了後に本人に渡してください」と言われる
4,「は?」と答える
5,お手紙お返事をもらえる券は、お手紙を手渡しすることができるのだと初めて知る。
6,その日は夜に用事があったので、一旦手紙を持ち帰る。
7,お盆休み。その間に、えれぴょんへ書いた手紙を読み返す。あまりのキモさに書き直すことを決意。えれぴょんに嫌われる難を逃れる
8,8月24日にお手紙手渡しを決行。そしてえれぴょん&チームKメンバーの前で郵便配達人ボケを決行。すべる。
9,へー。普段あんなに笑顔をふりまくチームKのメンバーが、あんなに白い目で僕を見るなんて知らなかったなー…
10,傷心
11,9月9日。メール当選のため、受付で身分証を見せると係員より「お手紙の返事が届いております」と言われる。
12,「本日公演終了後カフェスペースにてお待ちいただければ本人より受け取れます」と言われる。
13,「は?」と答える。
14,え、なに?受け取るのまで手渡しなの?どんだけ、高待遇だよ!いいもんなんだよ!あれですよ?私300円で出したからお得意様でもなんでもないですよ?しかもニートなんだよ?甘やかしちゃだめだろ!と心でつぶやく。
15,でも超うれしい
16,以下のレポに続く

公演終了後のごったがえすAKB48カフェにて友人と話しながら待つ。
本田芸能警備係員によって、浴衣ポラを撮影する人以外はカフェから追い出される。
ほとんど浴衣を纏った人だけが残るカフェスペース。
私だけが私服で待っていた。なので、本芸スタッフより「貴様なに突っ立っている。とっとと立ち去れ」という感じの内容を、敬語でやんわりと言われる。
「お手紙の返事がもらえるとスタッフから言われたのですが…」とチキンの私は、どもり寸前のあわてっぷりで弁明。年配のスタッフに確認にいくバイト君。そして「確認がとれたので待っていてください」と言われる。
イスに座り腕を組み、緊張する。
ものすごく緊張する。すべったという前科がある故、もうすべれないというプレッシャーに吐きそうになる。
回りを見渡すことでリラックスを試みた。

カフェスペースにはAKB48浴衣に着替えたファンたちが、約10人くらいいた。
各々に思い思いの表情で過ごすファンの方々。しかし、待ちに待ったという感じがでていて、みなそわそわしているように見えた。
そんな中一人、浴衣の胸の部分に詰め物をして、上半身をパンパンに膨らませている人がいた。
「うーん。電波さんかな?」などと少し不気味に思う。
そうこうするうちに、渡された番号順に「○○番を持っている方」と呼び出され、劇場前の扉の前に並ばされる。3人単位。
3人入り、撮影を終えた順に出てくる。
人を吐き出すたびに開かれる扉から「ありがとうございましたー」という黄色い声が漏れ聞こえる。
あの扉の向こうにチームKメンバーがいることを、否が応でも実感する。
3人全員出てきたところでまた次の3人が扉の前で待機させられる。
そこに、さっき胸に詰め物をしていた人が並んでいた。
ペンギンのかぶりものをして。
「あー!かおりんのファンだったのか!」
早野薫ことかおりんが、『雨の動物園』なる楽曲の中でペンギンさんの格好をしているのは周知のことだと思うがいちおう記す。
なるほど。胸を膨らませていたのはペンギンのようにみせるためだったのか。すばらしい。
と、一人で呟き心でその早野薫ファンにエールを送らせてもらう。(でも、その膨らませた胸にまさかシャイニングおっぱいの意味も含んではいないだろうなー?と心でつっこみもしましたが…)。

何を話すか思案していると、いつのまにか浴衣で呼ばれていない人は2人だけという状況。そして手紙待ちの私。
そこで、年配のメガネ本芸スタッフが「手紙のかたー」と呼び出す。
ついにきたか、と思い劇場扉の前の待機場所に立つ。
すると、期せずして「いいなー」「手紙いいなー」という言葉が私の背中に浴びせられる。
そうです。このお手紙返事券は結構レアなものなんです。知り合いの、私より何万円もガチャガチャをやっている方々でも持っていないようなのです(少なくとも私の知っている範囲のファンには当てた人はいませんでした)。
正直に言えば、そこで少し優越感なるものが心に満たされました。

先に、残っていた浴衣の人が入るそうなので、私は一旦横にはけて2人が劇場の中に入るのを見送りました。
するともう一度扉があいて「手紙の方も来てください」と言われる。

前回の、CDBOX購入特典ポラ撮影の時はスタッフの手によって自動であいた扉も、今回は私が勘違いで入場するタイミングを逃し、自分の手でその大きな扉を開放した。

目の前に立つのは小野恵令奈12歳。通称えれぴょん。

改めて見て、なんとかわいいことなのだろう。
そして小さい。
えれぴょんは入り口すぐ近くの立ち見スペースの段差の上に立っていて、私は扉のすぐ前に立つ形で対峙。
それでも小さいと感じてしまう。こんな小さな体のどこにあれほどのオーラ、舞台で輝く力、えれぴょん言うところの『キラキラパワー』があるのだろうか。
AKB48の中でもTOP級の人気をもつ小野恵令奈嬢。
当然この日もえれぴょんファンとの浴衣撮影があったようで、浴衣衣装の格好で出迎えてくれた。

220189764_46.jpg←別イベント時の浴衣えれぴょん


小野恵令奈さんは手紙を両手で持って、宛名を私に見えるように差し出し「お手紙ありがとうございましたー」と笑顔で言ってくれた。
笑顔がキラキラしていた(比喩などではない。本当に星は見えなかったがキラキラだったのだ)。
「あー、そんな、わざわざありがとうございます」私は従来より、アイドル尊敬病があり、その娘が何歳だろうが異常に尊敬してしまう。だからどうしても敬語になってしまう。
握手等は手渡しには含まれていないので、私は小野恵令奈さんの手に触れないように注意しながらお手紙を受け取る。
20060923042937.jpg

『アンチ人間さんへ』
AKB48専用封筒の表にはそう書いてあった。
「わざわざ芸名のほうで書いていただいて、本当にありがとうございます」
「いえいえ」
小野恵令奈嬢に宛てた手紙の中で、できれば芸名のほうで、アンチ人間へ、としていただけるとうれしいです、と書いていたのです。
そして小野恵令奈さんはその通りにしてくれたのでした。
「今日の公演もすごくよかったです」
「本当ですか?(←言ったかどうか記憶が曖昧です)ありがとうございます」

すぐ近くで、私のような電波が変なことをしないように監視している劇場のスタッフと本芸のスタッフに見つめられながら、しかしまだ帰らせられる気配がなかったので会話を試みる。
「あの、今日この後オールナイトライブがあるんですよ。今日は衣装とか持ってきて観てました。今からお笑いライブに出てきます」
と、小野恵令奈さんに芸人として認知されたのをいいことに、その日本当に出演予定だったオールナイトライブの話をしてみました。
すると。
小野恵令奈さんが、あ、失礼、天使が…
天使こと小野恵令奈さんが表情豊かに
「そうなんですか。じゃあがんばって、笑いとってきてください!」
…。…。…
・・・!!
「そうなんですか。じゃあがんばって、笑いとってきてください!」
と、小さなガッツポーズをとって励ましてくれました。
…。…。…。
!!!

「はい!行ってきます!」と言い、私は自主的に扉を開けて劇場を出ようとするも、慌てすぎて扉にはさまれながら退出。
…はー。すげー。
とひとり感嘆の声をあげて、手紙をしまい、AKB48をあとにしました。


以上が、小野恵令奈さんから手紙を受け取った様子のレポです。
とにかく、「笑いとってきて下さい!」が最高に良かったです。脳が溶けるくらい、デレデレしました。
そして。
もう一つ劇場内で良かったことがあります。
それは、えれぴょんとだけ話せたことです。
2ショットポラや、お手紙を渡したときは、他のチームKメンバーに見られている状況でした。
以前にも書きましたが、演者とファンの逆転現象がおきるのです。
私は芸人のわりに、ものすごく緊張してしまう性質なので、ポラのときも渡すときも、まあ渡すときはすべったのですが、あまり会話できませんでした。
ところがお手紙を受け取ったときは、他のチームKメンバーが浴衣2ショット2人の方に行ってしまっていて、入り口付近には私と小野恵令奈さんとスタッフ2名だけだったのです。
撮影は舞台の前で行われているので、チームKメンは我々のほうには背中を向けています。
完全にファンと演者、私と小野恵令奈さんという状況にあったのです。
おかげで自然に話せました。
おそらく、完全に他メンに見られていない状況になれるケースは稀なのではないですかね?
そう思うことでまた勝手な優越感に浸ったりしました。


とりあえず9月9日は以上のような様子でした。正確でない部分もあると思いますが、大体が事実です。
私が話した台詞も、そして小野恵令奈さんが話した台詞も事実です。もし劇場に行ったことがある人はある程度状況を想像できると思うので、浴衣姿のえれぴょんが上の台詞を言っているシーンを思い描いてみてください。

長々と失礼しました。           筆者アンチ人間




ん?
お手紙はどうだったか、ですか?
うーん。

とんでもないものだったです!
はっきりいって最高級に至高です。
エコノミークラスにビジネスクラスをかけて、でも結局ファーストクラスはすげえけど、プレジデント用政府専用機には敵わないじゃん、みたいな感じです。
それについてはのろけになるので以下で。
むかついてもいいよという人だけ読んでください。


手紙がですねー
これがですねー
本当にですねー
かなりですねー
やばかったんですねー、てへへへへ!

とまあのろけもこれくらいに…。うへへへへへ!

上のレポのように手紙を受け取り、下で待ってもらっていた友人のところに降りていきました。
そこで「どんなものかちょっと見せて」といわれましたが
「Wait!」
「Don`t touch!」
待てと。
触るなと。
封筒のほうは、まあ私も含めてスタッフとかも触っているだろう。
だが、しかし。中身のほうはどうだろう?
ひょっとしたら小野恵令奈さんしか触っていないんじゃないか?
だとしたら、そんな天使しか触っていない神聖な便箋を我々のような不浄に不浄を重ねた、日本大学ごときカス大卒の我々が触れてよいはずなどない。
と、思い、そして、アイドルヲタクコントが始まってしまったので、ドンキホーテの4階でビニール手袋を購入。
それを着用してからようやく開封。
ビニールの手で便箋をひろげる。


ふむふむ、なーるほど。
あはは。うんうん。
クス。あ、ちょいテレ。
テレテレ。字きれいだなー、ふふ。

!!!
!!!!!!

なんじゃーこりゃー!
おい!コラ!
おいえれぴょん!おいえれぴょん!
いやここはあえて恵令奈!
なんやねん!なにしてくれはんねん!
これはどういうことだ!

アンチ人間さんの似顔絵書いてみました、ってなんなんだよー!


はぁー…。
というわけでですねー。
便箋の下のほうに「私絵を書くことが大好きなんです!!なのでアンチ人間さんも書きました!!!」とあって私の似顔絵と、えれぴょんの自画像が描いてあったのです。
これにはやられましたねー。
こんなにクオリティーのたかいものわざわざこんなカス芸人に書いてくれるなんて思ってもいなかったのに、いや文章だけでもかなり丁寧でちゃんと私の手紙を読んで返事を書いてくれているのがわかるのに、あまつさえ絵なんて…。
絵なんて!

友人の秋元才加ファンも「ありえねぇー」と悶えてましたよ。

もちろん内容について、ここでUPする気は毛頭ございませんが、しかしこれは事実です。
たぶん小野恵令奈さんのファンは多いと思うので、他にももらっている人はいると思いますが、しかしネット上で報告みたいなのはなされていないみたいなので、自称えれぴょんファンの私がレポしてみました。

ん?
ノロケたっていいじゃない、もう。
っていうか、あんなに素晴らしい返事もらって悶えないやつのほうがおかしい。
えれぴょんis great!!
220188461_81.jpg


スポンサーサイト

テーマ:AKB48(秋葉原48) - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2006/09/23(土) 04:33:50|
  2. 小野恵令奈
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

コメント

初めまして!
立川でガールズバーをやっています。

そのお手紙凄い嬉しいですね!!!

不景気ですが、お互い頑張りましょう!!
また遊びに来ますね☆
  1. 2010/02/23(火) 00:20:26 |
  2. URL |
  3. 立川ガールズバー #JalddpaA
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://antihuman.blog10.fc2.com/tb.php/162-dc8ee489
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。