アンチ人間再来週からがんばる日記はじめるピョン

アンチ人間(お笑い芸人)の妄言にあふれた日記+レビューです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

能登様、ありがとうございました。

精神的にもまいっていた私は、身を投げるために海へ向かいました。

潮風に当たりながら、私の今までの人生とは何だったのであろうと考え、答えは「なんでもなかった」ということに気づき、さあさようなら、と決意したときです。

・・・なにか人の声が聞こえてきたのです。

やさしい、心が包まれるような、f分の1の揺らぎどころではない癒しの声。

私はその声につられて、幕張メッセなる巨大建造物に吸い寄せられました。(私は、千葉県の海に来ていたのです。)

そこはゲームショウというイベントの会場でした。

たくさんのゲーム制作会社が集まり、プロモーションを行ういわばお祭り。
場内は騒然としており、各々のブースはライバル会社に負けないよう、あらん限りの音でスピーカーを振るわす。
周りの人の声も聞こえない。

そんななか。
確かに、私の心を奮わせる、天使のさえずりが、聞こえてくる。

その時、私は、私がどういう存在であるのか、何のためにこの世に生まれてきたのか、急に思い出したのです。

私のこの世での存在を証明する合言葉。
それは、
「能登、かわいいよ能登」

東京ゲームショーのイベントスペースにその人はいました。
能登麻美子

今、飛ぶ鳥を落とす勢いの人気、仕事ぶりで絶好調の声優さんである。

私は断言する。
森本レオ、宇多田ヒカル。『f分の1揺らぎ』の声を持っているという彼らでさえ能登麻美子氏の前では赤子のようなものである。

それほどまでに、能登麻美子氏の声は人智を超えている。
もはや口で(声で)伝えることは不可能です。

私は東京ゲームショーで、その能登麻美子さんに会うことに成功したのです。

それはラジオの公開録音でした。

能登麻美子氏のボイスのおかげで(ここは断言)会場はものすごい人数でした(目測1300人)。

能登麻美子さんは非常にナチュラルなかたでした。
終始、キャラを纏うことなく、普通のしゃべり方でとても自然でした。

でも。
ポッキーを。
能登麻美子さんが。
ポッキーを咥えたのです。
そ、それを見て私はこう言いました。

「能登、かわいいよ能登」



私はこれからも生きていくでしょう。能登麻美子さんのために。
私はこれからもブログを続けます。能登麻美子さんのために。

これからの私はもうキチガイ芸人ではありません。
「能登、かわいいよ能登」です。
それでは皆様、次回をお楽しみに。





9月18日に、大学時代の後輩と東京ゲームショウに行って来ました。
「能登、かわいいよ能登」
を言うためにです。ゲームショウなのにあまりゲームは見ませんでした。
とにかく能登麻美子さんを見た私はOTAKUとして何倍もスキルアップできたと信じております。
とりあえず、楽しかったです(能登麻美子さんのおかげで)。

noto.jpg


↑イベントステージ


ブログ止めてたのは、ただの気まぐれです。
コメントをくれた方々(本当に他の人が書いたコメントも混ざっております)、本当に、ありがとう、馬鹿ですねー。
それでは。


                         アンチ人間公式ホームページ
スポンサーサイト

テーマ:萌え~ - ジャンル:日記

  1. 2005/09/20(火) 02:42:00|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://antihuman.blog10.fc2.com/tb.php/57-f7fcde11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。