アンチ人間再来週からがんばる日記はじめるピョン

アンチ人間(お笑い芸人)の妄言にあふれた日記+レビューです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

僕たちが、地球を守るんだ!

<10月8日>

秋晴れの中、神奈川はパシフィコ横浜展示ホールに行ってまいりました。

『モーニング娘。 熱っちぃ地球を冷ますんだっ。文化祭2005 in 横浜』

の観覧です。母校の文化祭など行く気もありませんが、こっちの文化祭はBerryz工房も出演するというので行かないわけにはいきません。

朝6時に家を出発して夕方までいました。
・・・・コミケかよ!

詳細なレポートをするつもりはないので、以下のサイトの良質なレポートで確認してください。

「モーニング娘。“熱っちい地球を冷ますんだっ。”文化祭2005」in横浜レポートサイト

ステージの劇中で「矢口マリコ(役名)は男女交際の規則違反で退学になった」という台詞があったのは事実です。
かなり笑いました。以上です。


                      アンチ人間公式ホームページ



『現代社会における集団的被虐性症候群(A group masochist syndrome in the modern society)』筆者アンチ人間

この世にはたくさんの人間がいる。
そしてたくさんの人種がいる。
そして、それぞれの人にそれぞれの心、精神が存在します。
それらの心はすべてが健全であるわけではありません。
悩みの数は星の数。人間が生きていくうえで、それぞれの人がそれぞれの悩みを抱えている。そして、そのことによって気を病み悪循環に陥る例も珍しくない。

そんななか、個人ではなく、集団での症候群、集団での心的発症。そういうものが存在する。

私はこの度、自分の目で新たなる集団的症候群を発見するに至りました。
場所は10月8日のパシフィコ横浜展示ホールというスペースです。
以下に現場での体験し発見したことを箇条書きにいたします。


1、早朝より並ぶ大人達

私が現場に着いたのは早朝の8時。その時点ですでに数百を超える人が展示ホール外に並んでいました。
人は用がなければ並びません。そして、基本的に並ぶ、という行為は嫌がるものだと思います。
ところが、並んでいる人の顔を見ると、皆幸福を内在した笑顔、清々しいとでも感じさせるいい表情をしている人がほとんどでした。
私はその様子を見て何か違和感的なものを感じました。そしてある言葉を思い出しました。

『マゾヒズム』
この時は脳裏を掠めた程度でしたが、後に確信へと変わっていきました。
imageddddddddddde.jpg

↑早朝のパシフィコ横浜周辺

2、イベントスペース内にて待ち続ける大人達

やがて開場の時間になり、イベントステージの整理券を受け取ってからイベントステージ観覧場所に行きました。
ステージ観覧場所。という名の牢獄。
なんと粗悪な観覧スペースでしょう。
観覧スペースはマス目のように配置され、格観覧場所を通路が仕切っている形なのですが、通路が相当に太いのです。
観覧場所と通路の幅にあまり差異はないようなくらい、とにかく通路が広いのです。そこを本田芸能が悠々と歩いていました。
後ろの人が見やすいような配慮ならともかく、観覧場所は綺麗にマス目状なのでそういった効果は柵付近のわずかな人だけです。
そんな、粗悪な正方形の牢獄。
その中で、皆笑顔でした。
みんな今か今かと何かを待ちわびながらも、それが登場する様を想像して楽しそうです。
人間はどんな場所でも幸福を発見できる。
・・・本当なのかもしれません。

3、開会式。少女たちに歓喜する大人達。中田市長にも歓喜する大人達。

なんで、みんなのたくさんの大人達が朝から並んで朝からギュウギュウ詰めになっていたのか。
朝から少女、を見るためだったのですね。
たくさんの少女たちが舞台に登場すると、私の周りは歓喜に包まれました。
そして各々の少女に対する声援、またはジャンプしてのアピール等々それぞれに本当にENJOYしていました。
しかし、開会式は少女たちの宴では終わりませんでした。
現横浜市長、中田宏市長が登場したのです。
そして、開会の合図を先導したのです。
周りの大人達もそれに呼応。
・・・謎です。それでいいのでしょうか。いいのですか。委員です

4、朝(から)少女、の学芸会を観覧する大人たち

少女たちによる演劇が始まりました。
地球の環境、とりわけ地球温暖化に関しての劇で、未来の日本、地球に暮らす少女たちがどれほどの悲劇にみまわれているか、地球が大変なことになっているかを演じていました。
内容自体悪いものではありません。エコは日本人、地球人にとっての課題。それを訴える内容はとてもいいことです。しかして、
「こんな地球にしたのは会場にいるあなたたちです!」
「こんな地球にしたのは、お前たちだ!」
と、台詞とはいえ罵倒されて、大人はみんな喜んでました。
マゾヒズム
段々と確信してゆく自分がいました。

5、食する大人達

会場内にはフードコートも存在します。
皆食事をしてました。観光地価格よりはるかに高い食事を。
あの日、あの場所。パシフィコ横浜には、エンゲル係数も需要と供給もありませんでした。「神(の見えざる手)は存在しなかったのです」

6、偶像(パネル)崇拝する大人

日本は神道と共に仏教も広く伝播しています。
ブッタは偶像崇拝を禁じています。
imahjgyfuyfuy.jpg

imafdrderui.jpg


会場内には少女たちのパネルを飾っているゾーンがありました。
そして、それを見る大人もたくさんいました。

そこには、一般社会では見ることのできない光景がありました。

大人が崇拝しているのです。
崇拝する対象は、小学校5年、6年、中学校1年、2年生の少女。がプリントされている硬紙です。

imagbcfsrse.jpg


imagnjbgfhtgdr.jpg



これはもはや病気です。精神病です。
ブッタが偶像崇拝を禁じたのが良くわかります。傍から見たらキです。

7、総評

このような、以上のような様、とでもいいましょうか?
人間というものの奥深さを体感し、これを私は集団的被虐性症候群と呼ぶことにしました。

…………


まー、ぶっちゃけ、モーヲタはマゾ、Mが多いんじゃないの?って感じです。
私もですけど、何かこう苦行を喜んでいるような人が多いです。
しかも、小5とか中1に土下座?しているなんて。恥ずかしい大人もいるものです。
いったいだれだろう?だれだろう?だれなんだろう?

「あ、俺だった」



PS,
我々、モーヲタ、及びBerryz工房ファンがこの文化祭イベントで一番叫びたかったことはこのことですよ。



(モーニング娘及びBerryz工房の)
「僕たちが、恥丘を守るんだ!」
スポンサーサイト

テーマ:こんな日もあっていい - ジャンル:日記

  1. 2005/10/10(月) 02:51:09|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://antihuman.blog10.fc2.com/tb.php/64-f4fd4437
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。