アンチ人間再来週からがんばる日記はじめるピョン

アンチ人間(お笑い芸人)の妄言にあふれた日記+レビューです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ほっちゃん、うりょっち、能登かわいいよ能登!

29日30日に秋葉原エンタまつりに行ってまいりました。

堀江由衣、謎の新ユニット発表会

白石涼子「TWO-IN」発売記念トーク&握手会(これはラムズホール)

・苺ましまろトークショー

以上3つに参加しました。楽しかったです。

あと最近PS2の『ワンダと巨像』をやり浸ってます。

・・・・・・・
もう、ただのヲタク日記になってしまいますね。
ま、いっか。

                       アンチ人間公式ホームページ


「わーい!わーい!ほっちゃーん!」
「うわ。浅野真澄じゃん。ますみん、なんて格好だよ(笑)」
「ふむふむ。神田朱未さんに木村まどかさんにたかはし智秋かー。すごいユニットだな。うんうん」
「DROPSに憧れて作ったって(笑)。ほっちゃん(堀江由衣)らしいなー。あはは(笑)」
「ユニット名は『Aice5』かー。うん、売れる売れる」
「えー!デビュー予定はまだない?絶対に売れるのに。がんばってデビューするべきだよ!がんばって!ほっちゃん!」

・・・・・だけど、ほっちゃん(堀江由衣)を見る僕の目は、涙で濡れていたのです。



白石涼子さんはお綺麗だなー」
「声優アイドルかもしれないけど、十分普通のアイドルとしていけるよ!」
「おもしろいトークだなー。同い年とは思えないよ。僕より全然べしゃり(しゃべり)うまいよなー。さすがはプロだな」
「そして握手会かー。うわードキドキするなー」
「うわー、近くで見るとやっぱりお綺麗で、そしてかわいい」
「え?なんと!私が以前冬コミケの時に『ブレザー』(白石涼子さんの好物)を着ていったことを覚えていらっしゃった。」
「なんという!感激ここに極まりけり!」

・・・・・だけど、僕の目は感激とは関係なく、涙で濡れていました。




「かわいいは正義!」
「苺ましまろはかわいいでできてます!そうなんです!」
「生天目仁美さん(“伊藤伸恵”役)、千葉紗子さん(“伊藤千佳”役)、能登麻美子さん(“アナ・コッポラ”役)も登場だ!」
「んー!」「んー!」「んー!」
「能登かわいいよ能登!」
「というわけで、ここ2日連続のイベント地獄もこの『苺ましまろ』でショー in 秋葉原エンタまつりでフィニッシュ」
「生天目さんが、今日ここに来ている人は選ばれし者と言いました。それほどの応募者数がいたそうです。」
「そりゃまあ、納得ですよ。苺ましまろはおもしろいですし、キャラクターソングも良質ですし、能登かわいいよ能登だし・・・」
「え?能登麻美子さんだれだって?ばか者!日本語は正しく使いなさい。いいかい?能登麻美子はかわいいんだよ。わかったかい」
「ふむ。今日も能登麻美子さんはナチュラルだ。でも、要所要所で『能登かわいいよ能登』だ。特に抽選BOXから番号を引いて読む仕草がよかったなー」
「ひとつ文句を言うならば、このイベントを300人だけしか堪能できなかったというのはいかがなものか」
「日曜の昼。人ごみの秋葉原。リュックとリュックが触れ合う同人ショップ。1時間半制限のメイド喫茶。中国人の団体旅行。なにか、みんないらいらに見える。」
「そんなこの街に、f/1の揺らぎに匹敵する、否、f/1の揺らぎを超えた能登麻美子さんボイスを流したのなら」
「秋葉原が青い光に包まれて、すべての人が癒されてしまう。そんな秋葉原エンタまつりのグランドフィナーレを向かえれたのに」
「ま、とにかくこの苺ましまろトークショーは見れて本当によかった(安心)」

・・・・だけど、「能登かわいいよ能登」と心で復唱している僕の目は、涙で濡れていたのです。





今私は『アメトーク』というバラエティー番組を見ている。
ゲストは、私の尊敬する江頭2:50。
色々あった挙句、最後は暴走えがちゃんになり、客席に飛び込みチンポを曝す、という素晴らしい内容。
でも、客席の女の人とかは本気で惹いてましたね。間違いなく。
それを見てたら泣けてきました。

29日にわたくしは、後輩のサークルのステージに参加するべく日本大学商学部の砧際に行きました。
そして、中央ステージという野外の誰からも見えるステージに私は上がりました。
そして「世界じゃそれを萌えと呼ぶんだぜー!」という電車男ギャグをやるためだけに色々やってしまいました。

ダッチワイフをエルメスさんと見立てたり。
その日のゲストのメイドさんユニットのポスターに体当たりしたり。

初めて、本気でスタッフに止められました。
笑顔ゼロの顔で「戻ってください」。
それに。
せっかくそこまで盛り上がっていたのに、わけのわからない暴走コントで舞台はめちゃくちゃ。

はっきりと、やっちゃいました。
これで来年から落語研究会がステージ使えなくなったら間違いなく私のせいです。
死にたいです。
久々に死にたくなりました。
己がしたことを本当に恥じてます。
もう、芸人やってく自信もなくなりました。
もう、涙が止まらないライブ終了後でした・・・。

PS でも1つだけ救われた話があります。
   観客席で見ていた後輩が、後ろに座っていた人の言葉を聞いたそうです。
   「これじゃあ、落研(おちけん)じゃなくてロリ研じゃないか!」




おあとがよろしいようで・・・。
スポンサーサイト

テーマ:素敵な一日。 - ジャンル:日記

  1. 2005/11/01(火) 00:42:16|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

コメント

着々と”完璧なオタク”に進化しつつあるアンチに
俺ちょっと嫉妬しちゃったよ
漫画しかない俺としては
オタイベントをココロから楽しんでるようで
非常にうらやましい

学園祭の出来は非常にアンチらしくて大変結構です!
これからもアンチであり続けてください!
ありがとうございました
  1. 2005/11/01(火) 02:03:56 |
  2. URL |
  3. 白 #CjlWd7YA
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://antihuman.blog10.fc2.com/tb.php/68-f784cc71
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。