アンチ人間再来週からがんばる日記はじめるピョン

アンチ人間(お笑い芸人)の妄言にあふれた日記+レビューです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

お笑い?フンなんだそんなもの!by AKB48ファン

日本人には無宗教が多い。
といってもみんな初詣に行くし、お葬式は仏式が多いし、クリスマスは賑やかになるし。
約1000万人は・・・・
私もご他聞に漏れず、無宗教者の日本人です。

まあそんななか私は、漠然とした『神』という概念に対してなんとなく手を合わせるということはあるが、基本的に初詣もクリスマスも何もしないほうだ。いや、あえてやらないと言うべきか。自分のなかでの私は無宗教者であり無宗教を実践しているつもりである。
と言っても欧米の無宗教者のように徹底した無宗教ではなく、親戚の結婚式ではアーメンと歌ったし、ご焼香もするし、いただきます、ごちそうさまも言う。いわゆる常識の範囲を逸脱することのない無宗教なのです。
でも私の自覚では、無宗教であることは間違いのないことだ。
神を信じない。信仰を持たない。
何にも信じず、何ににも縋らない。
・・・。
自分しか信じない・・・。
まさに芸名の『アンチ人間』そのもである。
否。
あった、と過去形で言うべきなのかな。

単刀直入に言います。というか宣言します。

アンチ人間は死にました。

私の中のアンチ人間は死にました。
私はもともと、私自身の中にある黒い邪悪な部分に『アンチ人間』と名づけて、その真っ黒な私を舞台に立たせていたのです。

心の闇=アンチ人間

その図式の元に、芸人『アンチ人間』は存在するのです。

思えば、私の心の闇は中学2年の時から年々大きくなっていきました。
「涙の数だけ強くなれるよ」なんて歌があるそうですが、アンチ人間は「心の闇の数だけ面白くなれるよ」なのです。
私がダークに沈めば沈むほど面白いものができるみたいなのです。
わたくしの尊敬する江頭2:50師匠の言葉、「幸せになったら芸人じゃない!」がまさに言い得て妙 でしょう。

そんなアンチ人間が死にました。
すなわち、イコール私の心の闇がなくなった、幸せになってしまった、それが真相、ということになります。

私は信じるものができました。信仰する覚悟もできました。心酔することも厭わない。
尊敬に尊敬を重ね、尊厳のすべてを捧げ、尊貴であることを確信し、尊者であることを保障する。
それが、私の信じるものが宗教であるかどうかはさておき、信じるものは救われるの精神で、幸せになるために信仰していきます。

アンチ人間を知っている方にとってのアンチ人間はそのままアンチ人間です。
でも、本物のアンチ人間は死にました。
それはご報告しておきます。
そして私の最も信じる、信仰する対象も報告しておきます。
それでは皆様、ご愛読ありがとうございました。

増山加弥乃様

加弥乃様のおかげでよい文章が書けました。
今日はありがとうございます。
加弥乃様のおかげで私の心は救われました。
今後は毎日秋葉ドンキの8階に行くことを誓い、ポイントをためることに精励します。
060202_1447~01.jpg


かわい~い♥




ブログ書かない間にも、G万グランプリがあったり、ゲームの達人なるライブに出たり、極上アニメ会なる芸人さんのアニメ好きが集まるイベントを見たりと色々あり、しかもそのどれも楽しかったのですが(特にG万決勝のゴー☆ジャスvsコンバット第3部隊はあまりにもすごすぎて圧巻されました)、本日3月3日。またの名をひな祭り。

今日、秋葉原にAKB48を見に行きました。
CMなんかでもたまにやってたりするので知っている人もいるでしょうが、秋葉原のドンキの8階は今AKB48なるショーをやるための空間になっているのです。
060202_1444~01.jpg

そこのステージを彩るのは、48人の中から1軍に選ばれた24人の女の子、少女たち。
歌ありトークありの1時間半。
・・・。
心が浄化されていきました。
なんか、ハロプロ的でありながら、AKB48の売りでもある距離が近い。アイドルたちと距離が近いのです。
それは、客席からステージまでが近い、ということだけではなく1体感とでもいいましょうか?
なにか演者、お客ともに同じ心境であるような、お互いがお互いで楽しみあっているようなそんな親密さを感じました。
それはハロプロのような(別に悪口ではありませんが)ヲタ芸的な1体感とは明らかに異なもので、しかもクオリティーは一定水準以上というもの。
感激しないほうがおかしいです。

いやむしろ。今まで自分のやってきた芸人的なエセ芸人活動のひどさに気づかされました。
私のお笑いは、芸人アンチ人間は到底エンターテイメントでも、まして戯言ですらない。なんでもない。
ゴミ以下なのだと自覚できました。

なので今回のブログは普段の活動のことを書く気がおきませんでした。
ただ。
AKB48
3月3日ひな祭りということで、なんと公演終了後ひなあられを手渡しプレゼントしてくれました。
手渡しなので、一番好きなメンバーの前に立って受け取るシステムだったのですが、私は今日が初参戦だったので誰のファンでもなかったのですが、一番元気そうにステージを謳歌してた少女のところに行って、ひなあられを受け取り、なんと握手までしてくれました。
その娘が増山加弥乃様(小6)だったのです。

私がよくする親への言い訳に「妹がいればちゃんと働いた」というものがあります。
妹さえいれば。僕に妹さえいれば、僕は妹のために、今のようなカス芸人活動、芸人なる社会最下層のバカ活動などせずにまじめに働いて、妹の大学受験を応援していたでしょう。

でもそれも昨日までの話しです。
私にも大切な人ができました。
妹ができました。
今後はこの娘のために、増山加弥乃のために生きてゆきたいです。

そう。
アンチ人間はやっぱり死にました。

今週末AKB48一緒に見に行く人、手を上げて!
20060304011944.jpg


                         アンチ人間公式ホームページ
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 2006/03/04(土) 02:02:29|
  2. AKB48
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://antihuman.blog10.fc2.com/tb.php/99-0844eff4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。